<208> 装丁『笑天の昇天』

温和な陳舜臣さんが昨日老衰でご逝去された。一度だけ御著書の装丁に携わらせて頂いた。
『笑天の昇天』1972年/読売新聞社刊/四六判/上製丸背/カバー掛け(写真はカバーと表紙。拙作点描イラストをあしらった)
f0176500_21471232.jpg
f0176500_21475237.jpg
編集者にお伴して、たしか銀座の三笠会館でランチをご一緒させて頂き、装丁素案を視てくださった記憶が。
十数年前に〝孫文〟について著された新聞連載『青山一髪』を読み続けた覚えもある。
友好な日中関係を・・・と終始言い続けられつつ天寿を全うされました。ご冥福お祈りいたします。
                                             ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2015-01-21 21:48 | ブックデザイン | Comments(0)
<< <209> 装丁『世界怪奇ミス... <207>〝カワセミ〟と〝アオサギ〟 >>