<209> 装丁『世界怪奇ミステリー全集』

先般、陳舜臣さんの著作本を探していて、埃っぽい押し入れの奥に顔を突っ込み、ガサゴソやってたら、他にも旧い仕事の残滓が顔をだしてきた。引っ越しの度に身軽にとの思いで無頓着につくりあげた装丁本をどしどし整理しまくったので、手許に残っているものは少ない。良し悪しは別にして、全仕事の結果は残して置けばよかったと思う。〝後悔先に経たず〟・・・だ。
それ故、今回の発掘品に一入感慨深いものを感じる。
よい出来?・・・というより、努力してるなぁー・・・と己が感じる装丁本をスキャニングして気の向いたとき、UPしてみたいと思います。
自信は無かったが児童書・全6巻の表1イラストに挑戦、無理して苦労して描き上げてます。一時だがマーブリングにのめり込み、その染め上げた用紙に不透明水彩ガッシュで描いてます。得手で無い絵を無理矢理努力。何枚も失敗を重ね、時間がかかって採算が取れないので、以後、斯様な仕事は敬遠しました。
しかし、きょう日に見返すとイトオシイ表紙だなぁ〜♪
全6巻 1974年刊 
表4には透けた8面体を表現してますが、透けた球体表現を試みたかった筈。手に負えなかったのがアリアリ。
〝見返し〟や〝本扉〟にも自作のマーブリング模様を使用。
f0176500_22533063.jpg
f0176500_22552940.jpg
f0176500_22562719.jpg
f0176500_22575189.jpg
f0176500_2257175.jpg
f0176500_22562417.jpg
f0176500_22582331.jpg
f0176500_22591229.jpg

                                             ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2015-02-12 22:59 | ブックデザイン | Comments(0)
<< <210> 装丁『珍々発明』 <208> 装丁『笑天の昇天』 >>