<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

<78> 奥石廊(伊豆半島の突端)

十数年前、我が駄真画報社の二十数年に渉り徒食していた社員等は退社独立して、今ではそれぞれに新社員も抱えて勝手にビンボーしておる訳で、グータラ社長と山の神専務の二人のみの、とっくに倒産同然のカイシャだが、2〜3年前伊豆へ慰安旅行を敢行した。往時に比べて、催行人員が少ないだけ安上がりであった。
石廊崎の すこし西隣りに奥石廊の断崖や点在する岩礁など愛でるビュースポット「あいあい岬」(西伊豆には恋人岬も、近々ラブラブ岬も誕生…ウソ)があり、売店なども完備していて、ドライブ客が足を止めていた。
有名景勝地好き!のミーハー駄チョーは、看過するには忍びない気分になるのであった。「ここは一発描かざぁーなるめー!」
駄真画報社々長は安曇野の水車小屋界隈や、こういった何方もご存知、極めつき有名地を描く俗っぽさと、一方ではワイエスを信奉する心根が、日常のさり気ないものなどにも眼を向けたら……との声なき声に囁かれていることに、幾分そのせめぎ合いにチクチク痛みを感じながらも前者の気分に流されて、老人だからエジャナイカ……と、深く考え込まないで描きだす甘えた日々を過ごしている。
f0176500_1059244.jpg
それはさておき、今回こそと……一大決心のモト、宝の持ち腐れになっていた不透明水彩で初めて着色してみた。
やはり、予想していたとおり、若い頃に慣れ親しんだポスターカラーと大差ないようだ。塗り重ねが幾らでもOK。濃い鉛筆描きもなんのその、透明水彩画は最初に塗った色が最後まで影響するが、そんな不自由さはまったくない。
f0176500_1152797.jpg
すなわち、テーマと心構えによるだろうが、今回のような景勝地などに挑むと、銭湯評論などでお馴染みの庶民文化研究家・町田忍氏が絶賛を惜しまないであろう傑作画に簡単に相成る訳で御座る。
絵具と頭はつかい様。次なる機会にはゲージツ的なものをお見せしたいもので御座る。

閑話休題
吾がブログ開設以来、本日(5月27日)で満一年経ちました。
一年前、駄画丸を出航させてはみたものの、四海波タヒラカナレドいきなり舵がこわれた難破船状態で、方向の定まらぬこと夥し。駄真、駄画、球状表現のいずれの航路に踏込むも、ヨレヨレのフラフラ航行。
シャチョーの浮気な遊び心、露悪趣味に興味を示された皆さまのお力添えの賜にてと深く感謝致しまして、御礼と出来の悪さのお詫びを申し上げます。
撮ったり描いたりした物をしまい込んでいると、気持ちが悪くなるタチで、急拵えのお粗末な駄ものを陳列し続けての一年でした。
見せたがり屋のシャチョーは、今後も当面この路線を突っ走らざるをえないようです。
が、最近シャチョーは絵筆を動かす気配をようやく見せ始め、駄画の掲載がやゝ増えてきたのは目出たい事にて、ゆるゆると手描き物を芯にすえての軌道修正を図るもの……と期待を抱かせてくれることで有りましょうゾ。(ホントか?)
                                                 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2009-05-27 11:13 | 社長の駄画 | Comments(2)

<77> メタボ父さん痩せたい〝叫び〟

f0176500_7411734.jpgf0176500_742862.jpg手元不如意につき数年前、グループ展に参加出品したお粗末の駄洒落駄作にて、一席御機嫌をば伺います。

2007年の秋、1号キャンバスの木枠を自由にアート加工細工して作品を……とのユル〜イ決め事で、有志それぞれが勝手に表現した作品を持ち寄り、銀座の画廊にて即売発表展をやりました。

総出品者425名。総入場者数4498名。期間中土曜日の来場者647名は当該画廊の新記録との事でした。

且つ、全作品チャリティー完売! 経費を差引いて残りは「世界のこどもにワクチンを日本委員会」に寄付させていただいた次第。
私如き者の駄作を望む物好きな御仁がある筈も無く、先回りして、コッソリ己で売約済みの手筈を執った次第。吾輩以外にもこのようにご自身が買い上げ…… チャリティーなればこそ 〜ムニャムニャ〜 であった由

f0176500_8294810.jpgf0176500_836227.jpg人気投票No.1の作品と作者ご本人

左の2作品 目についた面白作品
f0176500_8372913.jpgf0176500_8391230.jpg
さて、吾が作は策におぼれただけの作りのわるい駄作なれど、展覧会初日?、PM6時ゴールデンタイムのテレビを見ていた知人がタマゲタ!そうだ。
そのニュースの内容は、取材者がどう勘違いしたか? 吾が愚作を芯に据えた組み立てで、展覧会の告知徹底をしてくれた……
(私は後日YouTyubeに収録された番組を見た)
おそらく取材記者氏もメタボ予備軍……?
それが効いたか、なにが効いたか、大勢の来場者に結びついた?……のではなかろうかと鼻を高くして、一人ほくそ笑んだ次第ではアッタな!! 駄チョー調子コクナ

       ↑ ニュース番組画面より抜粋 ( youtubeより)
f0176500_849252.jpg
                                デブ
          シャチョーの出品作  制作意図 加齢とともに出不精になっていく私の悩みはデブ症進行中であること。
                          メタボリック症候群を心配しながらも美味しく食事を楽しんでいます。
                          ムンクさんの痩せた〝叫び〟にあやかりたい…… と思う今日この頃。

蛇足 = ちなみに本日発表されたサラリーマン川柳の1位は「しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ」と妻の太っていく様子
     を、「朝バナナ 効果があったのは お店だけ」や「やせたのは 一緒に歩いた 犬の方」などが上位にランクされていま
     した。

追記 = 目についた面白作品の「ペコちゃん」は、あの頃、FUJIYAさんがケーキの製造、販売の仕方に問題ありと、喧しく騒がれてい     た時期と重なっていた。爪楊枝に着色して,チクチク尖った先を手前に一号キャンバス枠に埋め込み、キャラクターのペコ      ちゃんを痛そうに表現。風刺の効いた作はシャチョー好みではアッタな 
                                          ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2009-05-22 09:01 | 駄真画報 | Comments(2)

<76> くす玉ならぬ、ひび割れ玉々

f0176500_13565777.jpg

最近品川荏原村の開発発展が目覚ましい。
東急目黒線の地下化が進み、オラが在所の最寄り駅・武蔵小山と西小山の駅前地上整備がおわり、大変美々しくなって、その祝賀行事に村民こぞって気分は浮かれて舞い上がり、吾輩も駄画に手を染めるいとまもない状況になってしまった。
孫も地元小学校の「後地ソーラン」に紛れ込んで、武蔵小山の祝典の演し物に参加。
彼を中心に据えた華のある写真を……と張り切ってはみたものの、肝心の被写体は吾がダメラから一番遠い箇所に陣取り、壇上は上手な人達?に譲り、遺憾ともしがたし。移動しようにも身動きもとれず。ご他聞に漏れずの駄真と成り果て候。

        なにはともあれ、村民としては御祝儀にくす玉割りを……と思った次第にて、せめてひび割れ玉を。
f0176500_13581127.jpg

f0176500_13584172.jpg

                            ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2009-05-18 14:07 | 球ビズム | Comments(0)

<75> みてくれを気にした結果が?

f0176500_1765651.jpg ここは安曇野を訪れる絵を描く人達がプロアマ問わず、こぞって画題にとりあげる場所です。シャチョーはミーハーですから当然ここを描かないと気が済まない訳だが、「安易に駄チョー如きが取り組める景色ではないわ」と黒澤監督に嗤われた次第であった。ペンで描いても描いても巧くいかない。
モコモコした樹木をペンで表現するには、力不足を感じた次第、過去に掲載した北鎌倉東慶寺の遠望、横浜山手のイギリス館、そして今回の大王わさび農場の水車小屋。何度挑戦しても、樹木は納得できる仕上がりになりません。
懲りないシャチョー。有名な有明山を背景に取り入れた5月の安曇野も描きたい気持ちになっています。
有名景勝地の極めつきビュースポット好き!のミーハー駄チョー。観光地フェチは度しがたいねー。
さり気ない日常や景色の中からものにする、無論さりげない描き味で……と、お諭しになったワイエス先生の教えは忘却の彼方かな? 
やけに時間のかかる点描まがいのペン画、しばらく封印したら?
f0176500_178266.jpg

    画像をクリックすると大画面になります。      ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2009-05-10 17:12 | 社長の駄画 | Comments(5)

<74> みてくれを気にする駄画社々長

とりとめのない、ジジィの愚痴話です。
安曇野水車小屋のペン画、ほぼ失敗しました。
某社製の耐水性DRAWING INKのゴマ粒のような細かい表示を詳しく読んでみたら、BLACKインクとWHITEインク以外の色インクは耐光性のない染料インクとのことで、保存作品には適しません。となっています。
なるほど、根気が無いから一日5分ほどづつ描いていると、明らかに色褪せに気付かされる。
街中で陽に晒されて、どんどん色味が抜けていく政治家のポスターのごとし。
塗って2日も経つと濃度半減。こんなに極端に退色する画材は珍しい。
商用のイラストレーションなどに使うのなら、色が抜ける前、ただちに印刷用にスキャニングし製版、あるいはデータ化してしまうから、これはこれで良いのだと思います。
絵本作家の五味太郎さんや小学教科書の挿絵などでお馴染みの杉田豊さんなど プロフェッショナル好みの画材です。面で塗るから良い効果を生んでいるようです。
インクだからペン描きに向いているか…… と思ったけれど……
駄画社々長の手には負えない代物のようです。では「シャチョーが使いこなせる画材は何ですか?」と問われると返事に窮するのだ。どんな画材をどんな描法でこなすか?今更この歳ですが、探っていきたいものです。
何はともあれ、今日までの散々な作業結果を取りあえず、掲載します。
f0176500_14221134.jpg

気分は殆どキレてますが、もうすこし観れる出来にしたいので、耐光性のBLACK(顔料インク)で補筆を試み、その結果は後日に掲載したいと思っています。(透明水彩も加えるかも)多分良い結果は期待出来ないでしょう……けど。
ジジィですから、世間様は甘く見てくださると思ってはいますが、悩む必要もないと思うのだが、少しはみてくれの良い物にしたいものだ。 黒澤監督は哭いておらぬ 嗤って御座るぞ 「クーーッ 恥ずかしいー」            ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2009-05-05 14:25 | 社長の駄画 | Comments(6)