<103> 竜神池より八ヶ岳

またまた……秋の本命、柿を描くことは先送り。とっくに秋も終わり新しい年がきます。
ブログアップの間が空きすぎるのを気にする、気の弱ーい神経細やか?な駄真画報社々長は、焦っていました。師走も押し迫り、大晦日を残すのみ。
またまた描かない症候群に……といささか心配になってきました。久々に埃っぽい押入れの奥に顔を突っ込み、咳き込みながら、およそ15年程前に描いたものを探し出しました。焦れば願い事が叶う有難い押入れです。
長野県茅野市郊外、南蓼科高原のゴルフ場や別荘地付近の竜神池から望める八ヶ岳連峰の早描き(かなり乱暴)です。スケッチするのに陣取った場所は人工の堰堤です。一周するのに20分もあれば事足れり、呼称からうける太古から竜神様の棲わしむるに相応しい霊気の満つる池といった雰囲気ではありませんが、長々とつらなる八ヶ岳連峰のトゲトゲの尾根を竜の背に見立て、それを水面に写す様子からこの人工用水池に竜神を冠したのでしょう。
ここは知る人ぞ知る写生地のようで、イーゼルたてたり、スケッチしていた方が何人もいらした記憶があります。
紅葉してます。多分10〜11月でしょう。主峰赤岳の頂上には帽子を被せたように雲がかかっていました。シャチョー、過去にも最近にも滅多にやらない現場着彩をやったことを思い出しました。
f0176500_20512013.jpg
    F4スケッチブック 鉛筆+透明水彩  

    本年は皆さま有難うございました。新年を期してどしどし描き上げたいものと念じています。
    来る寅年、旧に倍して応援お願いします。乞うご期待!
    2009.12.30 皆さまよい年でありますように  駄真画報社々長  ポチ→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増させてチョンマゲ!
[PR]
by ky-shige | 2009-12-30 21:00 | 社長の駄画 | Comments(0)
<< <104> 謹賀新年 <102> 蜜柑 >>