<112> ポピー

    なかなか描かない駄真画報社々長に業を煮やした山の神専務は季節の花ポピーを描いて寄稿してくれました。
f0176500_171111.jpg
    [異閑話]
    以前からセンムは「現物を見ながら描くと、いい絵になる」と宣うているのですが、ウ〜ム今回ばかりは脱帽です。有言実行、     やってくれました。
    「ドーョ!文句アッカ!」 ……開花具合の見極め、茎のノタウチ曲り様、ほどよい鉛筆タッチに着彩。落款の位置決めも絶      妙…… マグレだろうけど……
    「ナヌーッ?」 
    「畏れ入谷の鬼子母神」「事実は小説よりも奇なり」を地で行ってくれました。ブログ掲載を拒否する理由が見当たりません。

    ヒョーショージョー 社運を盛上げてくれました   駄真画報社々長KY-シゲ   ギョメーギョジだな(文脈支離滅裂)
                                        ポチ→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増させてチョ!
[PR]
by ky-shige | 2010-03-07 17:08 | 専務寄稿画 | Comments(0)
<< <113> 斑模様の椿 <111> 早朝雪の公園(修正)完 >>