<113> 斑模様の椿

f0176500_16314557.jpg次はなにを描こうか? どのように描こうか? パソコンの中のを引っ掻き回して、絵に纏まりそうな写真を探りだす訳だが、やはり季節に合ったものを描きたい。


何時写したのか不明だが斑模様の椿が出てきた。まあ、暑い季節のものではなかろう。気分的には描いていても、いまの時季、違和感がない。


花を描くとなれば、何故か憧れの日本画風にと意識が向きます。 ……と云うことで、彩色を芯に据えて進めてみよう頑張ってみたのであるが、やはり、彩色下手なシャチョー苦戦を強いられる。
f0176500_16331329.jpg
    結局は、いつの間にか indigo blueの色鉛筆でタッチを利かせて調子をつけ、吾が能力範囲内で手を動かす。
    アァ〜ァ! 爺ーチャンは気楽でイーネェー
    ブチ壊し、オシャカ! どんな風に描きたいのか頭ウニ状態、珍妙な画面を呈しました。 
    嗚呼……永遠なる憧れの日本画よ!

読捨寝聞コラム [A閑話]
厚かましくも、おこがましくも、現役時代は全国本屋さんの平台が私の装丁デザインの発表の場だと…… 競い合いの場であり、責任感とやり甲斐と生き甲斐が綯い交ぜで、評判や売れ行きなどへの期待と厳しさ嬉しさ楽しさ充実感や緊張感をもたらしてくれる日々を提供してくれた。
満七十歳の誕生日を機に仕事からスッパリ離れ、その後一年間ぼんやり過ごしていたが、その反動からか?平穏な時間経過に徐々に淋しさが募り、狭い付き合い範囲だが知人友人相手にEメールにて駄文に駄真添付したものを一方的に送りつけ、一時侘しさを紛らわしていた。
下手でもいいから、手を動かして何かを描きたい欲求が頭をもたげてきて、鉛筆による石膏デッサンを数枚こなしたら、知らない人にもに見せたくなったのが、ブログを始めた動機である。
今後、どのように心境は変わっていくかは予測できないが、現在拙いなりにではあるが、駄真駄画のブログ発表が、老いぼれを淋しさから救ってくれている。
ブログは有難い! これに出会わなければ、なまくらを好しとする駄真画報社々長なれど、日々鬱々の日常を…… 
そして水彩画は有難い! 安上がりで鼻くそ年金生活者にとっては、ぴったりの趣味だ。結構エンジョイ生活のココロなのだ!……になりつつある。
……だが?
テーマを決めて、これがいいという手法も決めれば、セッセと描き上げる事が出来るのだろうが、ただ困ったことに、仕事から解放され、「勝手にどうぞ」という環境の中に放り出され、「期日は決まっていません。無条件です。自由に描いて下さい」と言われ続けて、まごついている状態で、既に3年経過。描き出す毎にまごつき、ご覧の如くの体たらく。金欠ではあるが、大旨自由で理想の老後生活の筈だが、この自由が曲者なのだろう。何かいまいちビシッとしない。
長い現役時代を通して、殆ど気のもち様にブレはなかったが、最近イマイチ情緒不安定だなぁー。
前述の如くテーマを決めて掘り下げ、一つの描き方を極める事と云った手枷足枷をわが身に嵌めると多分よいのだろうが、老いの身だから、その時々の思いつきを描いていても赦されるだろう……との甘えがあるのがいけないのだろう。不定期支離滅裂掲示板といったところです。 
と、まあ、以前にも似たような事を書いたような気がするが、このように老い行く心境を総括し文章化してみるのも、呆け遅延対策、いや、同じ事を繰返し述べるのは既にヤバい事に?
                           読捨寝聞 奇者
                           ポチよろしく→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増!
[PR]
by ky-shige | 2010-03-12 16:42 | 社長の駄画 | Comments(2)
Commented by mitani at 2010-03-14 14:41 x
期日が決まっていないとなかなか手につかないのでしたら、、、
2011年9月にどちらかで個展開催を先に決めてしまわれるって言うのはいかがでしょうか???
これまでに45組のかたの参加が決まりました。
http://t-keyaki.web.infoseek.co.jp/
→個展・グループ展
Commented by ky-shige at 2010-03-14 21:50
mitaniさま  嬉しいお誘い、感謝します。
おっしゃる迄も無く、はるか以前から、憧れています。
縷々事情もございまして、この場で申しあげ難く、
場を改め、機会をみつけメールにて結論を……と思っています。
<< <114> ダビテ(1) <112> ポピー >>