<117> 再びダビテ(完)

f0176500_174277.jpg
    広尾のダビテを描き上げた。ほぼ正面から見た広い胴部の表現に手こずった。
    頭部は凹凸があり、メリハリをつけ易いが、濃い青銅色の相手を写真に置き換えているので、ボンヤリ見てると胸や胴は
    のっぺりしてて、どう表現すればいいのか? 無理矢理、明暗部の境目を探る。
f0176500_17431441.jpg
経年により薄汚れてはいる吾が社の白壁ではあるが、張り込む事を意識し、ダビテ像をキリリと引き立たせるために背景を暗くした。
フムフムやはり素描は画鋲止めが似合う。懐かしい昭和の漆喰壁の校舎を憶い出させる。嗚呼、老駄真画報社々長の青春今何処也哉。緩んで戻らぬ涙腺よ! アーカーイ〜……イツマデモ〜♪

さて、モノクロ物は一先ず終了。さて、シャチョー苦戦必至の彩色物に戻ろう……か
        ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2010-03-31 17:46 | 素描(デッサン) | Comments(0)
<< <118> 桜の目黒不動尊 <116> 再びダビテ(1) >>