<171> ダイヤモンド富士擬き

11月12日の夜、「本日は都内からダイヤモンド富士が望めた」とテレビ画面が珍しい画像を映しだした。
以前は吾が駄真画報社(4F)の正門前から富士山を眺められたのですが、今春、目の前に高層マンションが新築され、最上階10Fの他社の門前に佇まないと目視出来なくなったので、自然に富士山とは疎遠ぎみに。
しかし、このダイヤモンド富士現象は前後数日条件が良ければそこそこの状態のものを観る事が可能との事。それではと翌13.14日?何れの夕方だったか? 10F他社正門前にて頑張って写したのがこの写真。
f0176500_22463785.jpg
前日のテレビ画像より、幾分靄がかかってるせいか太陽の輪郭がはっきりしていないのが少し残念。富士山や丹沢山塊の輪郭は鮮明でよいのだが、当然の事ながら、前日より太陽が高い位置を移動し、ダイヤモンド富士と言える代物ではないが、割合綺麗な画像をモノにできた! エヘン!
※Photoshopにて明暗強調メリハリかなり効かせてあります。

    拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一首  「ありがたや 座して星霜 よき出会い」
 ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
    にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
[PR]
by ky-shige | 2012-11-15 22:46 | 駄真画報 | Comments(0)
<< <172> 東京年末年始寸景 <170> 2012日展鑑賞 >>