人気ブログランキング |

<180>2020五輪開催に寄せて

2020年オリンピックとパラリンピックの東京開催が正式決定した。
東京が招致するにあたり、海外でも国内でもいろんな意見が飛び交い喧しいことでありました。そして東京側のプレゼンテーションでは一部〝東京のご都合主義的〟にも取れる意見、東日本大震災の被災地(福島)の方々の神経を逆撫でする話もあったりしました。
〝難問・原発汚染水の拡散〟にいとも簡単に問題はあ~りません。と調子いいスピーチする御仁も御座った。
その御仁の発した言葉は全国民を代表しての重~いものである筈であるからにして、〝えぇーホンマかいな・・・〟調子いいマユツバ解答!?でありませんようにと、都民いや国民として、その意気込みはシカと承らざるを得ない訳である。
それらの実現に向けて〝完璧で安全な日本〟を創成しなければ、世界の嗤われ者になるし、世界の全人類、生きとし生きる者を危機に嵌めるのです。立派に成し遂げなければ・・・! 国民一丸、吾が胸中も熱く高鳴っているのである。
f0176500_16403790.jpg
              Sport Godzilla 第22号より

49年前、1964年の東京五輪、最終聖火ランナーは19歳で無名の青年、坂井義則君《1945年8月6日 広島県生まれ》が見事に務めました。即ち〝平和の子〟です。
〝全世界が未来永劫に穏やかで平和でありますように〟そんなメッセージが込められたのでした。
駄真画報社々長の孫たち《8月3日と8月6日生まれ。中学生》も同じ〝平和の子〟です。
大会が開催される頃、彼等は新社会人として世間に羽ばたこうとしているでしょう。
どの子等にとっても完璧に安全で無論平和な日本でのオリンピックでなければいけません。そのようにJi~Jiは山之神専務ともども祈っているので有〼。

     拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句   ありがたや 座して星霜 よき出会い
     ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2013-09-10 16:49 | 駄真画報
<< <181> イヤな漫画だ! <179> 山之神奮闘.桔梗を描く >>