<188> 近所の小山台高校が(1)

第86回選抜高校野球大会(3月21日から12日間、甲子園)の選考委員会が24日、大阪市内で行われ、21世紀枠で小山台(こやまだい=東京)が都立校としては初のセンバツ出場を決めた。
 福嶋正信監督(58)は「21世紀枠として選んでいただきましたが、まだまだ勉強面も生活面も未熟な部分がたくさんあります。これからふさわしいチームになれるように、一緒に頑張っていきたい」と話した。
 小山台は昨秋の東京大会で、堀越、早実、日大豊山の強豪私学を次々と倒して8強入り。エース伊藤優輔投手(2年)は、都内屈指の好右腕だ。
 都心にある進学校。文武両道を掲げて、菅直人元首相、御手洗富士男、秋山庄太郎,斉藤茂太、山田洋次、筑紫哲也、押井守、漫画原作者の雁屋哲氏ら著名人を輩出した伝統校は、06年のエレベーター事故で部員を亡くすという悲運もあって連日ニュースが流れた。狭いグラウンドを他部と共有、使用時間も限定されている環境の中、初めて甲子園切符をつかんだ。
f0176500_2148798.jpg
    nikkansports.com[2014年1月24日17時10分]撮影=松本俊
f0176500_2149282.jpg
f0176500_2150618.jpg
ちなみに愚息、某電機勤務のIDデザイナーは同校をヒィ〜コラ何とか落ちこぼれながらも末席にしがみついて卒業させてもらった。吾が家の近所、目黒線・武蔵小山駅前に校舎と狭いグランドがあり、元気な球音を響かせて楽しませてくれている。隣接パルム商店街も盛り上がる事だろう。

    拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句  ----- ありがたや 座して星霜 よき出会い -----
                                             ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2014-01-24 21:50 | 駄真画報 | Comments(0)
<< <189> 近所の小山台高校が(2) <187> さて 今年こそ・・・ >>