<190>〝恍惚の人〟

f0176500_16484861.jpgパソコンの中を掻き回しあちこち探ってみたら、整った光沢を放つリングの組合せた画像が紛れ込んでいた。
これに習って、吾が開発した〝渦巻き透かし玉〟に更に立体感をと思い、試みてみた・・・が???
f0176500_1342049.jpg
かなり以前に作図した透かし玉をモニター画面に映し出し、photoshopで悪戯してみた。どこをどう操ったら、このような表現になったのか?。まったく手順が頭に残ってない。整合性の欠片も感じさせない落第作だ!
無自覚にマウスを操作しただけだ。悲しいなぁー。元々働きの鈍い頭、鈍化へとガランゴロン坂道を転げ落ち続けている。
f0176500_1352395.jpg
                    この透かし玉は幾分マシな表情を見せているかな?

駄真画報社々長は完璧な暇ボケ爺と化したようだ。喜寿を迎えたなんて、ちっとも目出度いと思えない。相変わらず描画しようとしません。鉛筆すら手にしたがりません。重篤な状態だと自覚してます。自覚すらしなくなったら、どうしよう!・・・との心配はしてますが、それすらしなくなってしまう〝恍惚の人〟に間もなく成ってしまうのだろうか?
シャチョーの同世代知人たちはシャッキリと世間に向けて諸々の発信をし続けていると云うのに。

      拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句  ----- ありがたや 座して星霜 よき出会い -----

      なんだか深いんでないかい!!! と思わせられたのでUPしました。
      友川カズキ『一人ぽっちは絵描きになる』
      フォークシンガー・画家・詩も書く
      「秋田訛りで聴き取り難い箇所も・・・それがまたいいんだなぁ〜!」
      
                                                       クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2014-03-13 13:06 | 球ビズム | Comments(0)
<< <191>イカナゴのくぎ煮 <189> 近所の小山台高校が(2) >>