<196>老いさらばえて・・・後編

昨年の今頃は盛んに咲き誇っていた額紫陽花だが、風雨に耐えて老いさらばえても姿を留めんとの頑張りを褒め称えてやりたいものと・・・ 80歳目前まで何とか生き永らえた駄真画報社々長も共に頑張りを見せたいもんだとペン画にしてみた。
f0176500_18583063.jpg
当ブログに2011年1月掲載の『<140>金沢兼六園=雪景』以来、久々に丸ペンを手にした。ペンを動かし続ける時間は約5分間が限度。休憩を挟みたくって・・・ 約3年半の経過が気力を低下させているのに唖然とさせられた。腕前が落ちてきた事も自覚させられる。
描き出す前には、枯れ紫陽花の佇まいに2009年11月 『<100>再び初心に』の如き いろんな内なる念いなど重ねて張り切っていたのだが・・・・・・更に心身ともに低下をみせない内に、何でもいいから描き続けたいものだ!
f0176500_2031234.jpg
枯れた額紫陽花だけでは淋しかろう・・・ と、山の神専務が以前に描いた、今を盛りと咲き誇る額紫陽花を提供してくれた。
            1000球ベラマッチョ!            ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2014-07-08 16:49 | 社長の駄画 | Comments(0)
<< <197>久々の球宴 <195>老いさらばえて・・・前編 >>