<223>改組・第4回目・日展

今年も日展を観賞してきました。【改組第4回目の日展】とのことです。

私が存じ上げている方々も元気に出品されて居ります。嬉しい事でありました。

日展の度量懐の広さに甘え、吾が友人諸氏に知らしめたく、その方々の作品を撮影させて貰いました。(作品写真掲載順不同)

f0176500_14230137.jpg
f0176500_14235234.jpg

秋光  村田省三

f0176500_14255980.jpg

ミドバル マニスクリプトへのオマージュ  藤森兼明

f0176500_14260851.jpg

萌芽の輝き  本山二郎

f0176500_14264421.jpg
秋夏  西田伸一
f0176500_10060002.jpg
カウンター  中村 徹

f0176500_14273370.jpg

様変  児島新太郎

f0176500_14282812.jpg

Torun  西房浩二

f0176500_14335406.jpg

2017.10  三輪瑛士

f0176500_14344876.jpg

雄飛  土屋禮一

f0176500_14352509.jpg

描くこと  中村賢次

f0176500_14355191.jpg

Manhattan View  士農 力

f0176500_14361830.jpg

inundate  岩田壮平

f0176500_14362959.jpg

海  松崎十朗

f0176500_14370509.jpg

蓮華  青山三郎

f0176500_14374510.jpg

双樹Ⅲ  横山丈樹

f0176500_14383967.jpg

異国の地  野村光男

f0176500_14393828.jpg
記憶の渚  尾長 保


4年前、改組第1回目の運営面で重責を果たされた吾が尊敬する一年先輩、同じ高校大学を通して教えを乞うた藤森兼明さんも元気に出品されております事は誠に嬉しく思います。

思い返せば、あの年の大改革ぶりを日展側はこの一枚の写真に込めて公開しました。

改組日展の厳正さを藤森氏は応募作品の審査場で陣頭に立って身をもって示しています。この光景は4年たっても忘れる事が出来ません。敢えて再度掲載させていただきました。



f0176500_14543060.jpg

改組 新 第一回 日展  開幕式テープカット  能島征二  土屋禮一 奥田小由女 藤森兼明

f0176500_14545230.jpg

審査員長  藤森兼明





[PR]
by ky-shige | 2017-11-09 15:10 | 駄真画報 | Comments(0)
<< <224> 球の影を追いかける <222>銀座で懐かしむ >>