<5> 花を描き装丁に用いる

 長年、ブックデザインをナリワイとしてきましたが、
 自ら絵を描き、装丁に用いたことはほとんどありません。
 この装画はイラストレーションと見ていただいてもよし、です。
f0176500_1654249.jpg

『日本と韓国の官僚制度』 中名生正昭・朴進山 著 四六判/上製 南雲堂 2004/11/9刊

日本の国花ヤマザクラと韓国の国花ムクゲを描き、
官界ではかなり使用されるであろうと思われる罫紙の部分を想起させるものと組み合わせてカバーデザインにしました。
著者と編集者に構想を述べたら、資料写真を入手してくださったが、いまいち気に入らなかったので手元にあったのものをベースにしました。
ヤマザクラは以前に飛鳥山公園に咲いていたのを撮ったものがありました。
ムクゲは近所で写したものがあったので、苦労なく描くことが可能でした。
f0176500_10533284.jpg

f0176500_10544266.jpg

    ヤマザクラとムクゲ = 鉛筆・透明水彩 マーメイド紙
    ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-06-05 16:20 | ブックデザイン | Comments(3)
Commented at 2008-06-06 12:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ky-shige at 2008-06-07 08:51
お師匠さま
sRGBについて、理解しました。
今後とも、よろしくご指導おねがいします。
Commented at 2008-06-07 11:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< <7> 武蔵小山駅前が変わった <4> サモトラケのニケ像を描く >>