<15> 写真に引きずられ

射水市は能登半島の付け根、富山湾に面し、氷見と並び、美味しい魚を沢山水揚げしています。立川志の輔の出身地でもある。彼の母校は春の甲子園大会(1986)で新湊旋風を巻き起こし大活躍をした。
市内を縦断する内川の川端を散策すれば、行けども行けども漁船が繋留されていて情緒ある風情が楽しめます。
f0176500_2325562.jpg

街に隣接する富山新港には美しい帆船海王丸(旧)が繋留してある。(日本海ミュージアム「海王丸パーク」案内パンフレットより)
f0176500_2345513.jpg

内川風景 射水市(新湊)= 鉛筆、透明水彩 B4 マーメイド紙

数年前の夏、この街の親戚の家に一泊お世話になり、お礼代わりの気持ちで内川風景を描いてさし上げたのですが、ブログアップ用にと保存MOから探りだして久々に見てショック!
写真をベースにした場合の落とし穴に嵌った失敗作になっていた。
左手前の漁船の船首のおさまり具合がナントモハヤ、お恥ずかしい。
私の安物デジカメは、上下左右とも、樽形に膨らんで写るため、左舷が極端に張り出して写っているのをそのまま描いてしまった。案配よく矯正して描くべきであった。
絵描きでない悲しさ。ヘタッピーお許しあれ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-06-30 23:12 | 社長の駄画 | Comments(0)
<< <16> 球ビズム 3  地球 <14> 球ビズム-2 >>