<26>  武人、武者絵  5

f0176500_15234622.jpg

お祭りに合わせてポスター展を開催・・・との記事が掲載された郷里の新聞の切り抜きを知人が送ってくれた。祭のポスターデザインは高校2年の時に初めて依頼を受け、以後郷里を離れても数十年にわたり制作を続けました。
f0176500_1525558.jpg

f0176500_152758.jpg

牛若丸と弁慶  オフ11度刷(アミ点スクリーン使用せず)(昭和5?年)

石版刷りのような趣きを求めて、面白半分でジンク版に手描き風な味付けを試みてみた。全部特色刷り、補色版を追加していったらいつの間にやら11版も作ってしまった。
正気の沙汰ではない。後にも先にもこんな多色刷りのものを制作した事は無い。なのにダサイ。 大正から昭和前期の業界人、父へのオマージュ?のつもりで作ったのかナー? およそ25年前のことなので・・・記憶が不確かな。
しかし昭和初期の印刷業界は斯くの如き刷り物が氾濫していた筈。今日すでに石版はおろか、ジンク版も過去のもの。写真植字や版下作りも影を潜め、製版カメラは埃まみれ・・・アッと言う間にコンピュータ全盛。昭和から平成、ユメマボロシノゴトシ。
          クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2008-08-19 15:36 | 社長の駄画 | Comments(1)
Commented by ky-shige at 2008-08-24 14:41
褒められて、おだてられて、調子に乗ったところで、昨日今日は涼しいからホコリまみれの押入れの奥を探ってみたら、何だかグルグル丸めた物がでてきました。写真撮り画像処理が終わり次第、豊四季の兄貴の目の健康を害すマタマタ噴飯ものをアップします。
ハチャメチャでもいい。駄画社々長の苦し紛れブログ・・・せめて「継続には錫メダルぐらい」を?・・・と己を無恥打って頑張ってます。
私のブログ師匠「暗箱夜話」さんは毎日欠かさず新画像アップ。おったまげ!「金メダル」です。
<< <27> 武人、武者絵 6 <25> 武人、武者絵 4 >>