<27> 武人、武者絵 6

f0176500_1432947.jpg

f0176500_14324913.jpg

「英傑獅子退治之図」  画仙紙・襖一枚ほどの大きさ (昭和5?年)
部分着彩、途中で投出したようだ。腕の捻り具合や胴体のねじり具合に不満だったのか? 顔の出来がまあまあなのでアップしました。

f0176500_14341197.jpgf0176500_14345816.jpg







小下絵2枚。およそB2サイズ  右側の鐘禧図は完成させて、何処かへ嫁入りさせた。残念ながら記録写真なし。「天邪鬼乞許之圖」といったところか?










閑話休題
北京オリンピック開会式の演出、総監督を担当した人は張芸謀(チャン・イーモウ。名前の漢字表記も意味深だ本名だろうか?)氏で映画監督の第一人者だそうだ。古代から現代に至る中国を表現して見せてくれました。さすが優れた曲技を日頃から当たり前に見せてくれる国です。ワイヤーで吊上げられた人たちの空中演技は注目させられました。
特に面白かった出し物は、論語の活字表現、てっきりコンピュータ制御でおおきな木活字模型を作動させていると思わせておいて、その種明かしをして見せたのに驚いた。終始正確な動きの中で、一瞬、一個の活字がアレッと思わす動きを見せたのは、ご愛嬌だった。
閉会式は聖火が消えて、間もなく終了かと思っていたら、今度は人間火柱が延々と。
以前はオリンピック開催と同時に某週刊誌の臨時増刊号(五輪写真特集号)の編集業務に参加して、印刷会社の一室にカンズメでデザイン割付け作業に没頭したのが懐かしい。
韓国大会のときに初めて、写真画像のデジタルデータが編集現場に配信されてきた記憶が、パソコン時代の幕開けだった・・・か?
仕事から身を引き、初めてドップリ五輪漬けになってみた。
          クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2008-08-26 14:37 | 社長の駄画 | Comments(0)
<< <28> 武人、武者絵 7 <26>  武人、武者絵  5 >>