カテゴリ:球ビズム( 19 )

<228>タンク・タンクローと林檎

いきなり横道に逸れるが・・・紙戯原駄画衛門は国民学校3年時の夏休み中に終戦を迎えた。

戦中戦後の状況についても記憶はそこそこあるが、特に物資不足に少年達は栄養と文化失調に苦しめられた。

恐らく2年時(8歳)であったと思うが、吾が在郷の某軍需工場の主催で国民宣煽プロバガンダ映画の会が催された。『轟沈』潜水艦の活躍を画いたもので、良し悪しは別にして、初めて文化活動に触れた、あの時の鮮烈な興奮は未だ忘れ得ない。(YouTubeで見れます)


さて本題。

さらに遡って知的好奇心の萌芽時に最初にインプットされたものに、兄や姉の読み古しの数冊の〝幼年俱楽部〟(大日本雄弁会講談社の雑誌)に掲載されてた連載漫画であった。なかでも〝阪本牙城の代表作〟〝タンク・タンクロー〟が、駄画衛門坊やのお気に入りであった。

球形で多機能を備えた異形のロボットの元祖、タンク・タンクローの活躍を画いた漫画だが、つまり学習を要しない、まだ文字も読めない幼い駄画衛門の頭に容易にすり込まれ、今日鮮やかに記憶の影像を浮かび上がらせるのだ。

幼児に与える絵本など図形の示す力は凄いものですね。

f0176500_11411892.jpg
f0176500_11270989.jpg
f0176500_11285508.jpg

f0176500_11235294.jpg
2004年に有志が集い球体表現による「球ビズム展」を開催した事をキッカケにして、脳ミソから転げ出て来たのが、この〝タンク・タンクロー〟と、母チャンの〝林檎の皮むき〟途切れず長い帯状の皮にして悦ばせてくれ、そしてそれを玩んだ事などだ。


「球ビズム展」以降、透過球の描画を試みたりしていたのだが、重度の球体フェチとなり、透過球の〝3D〟つまり〝実体としての透過球〟を作りたくなった訳である。根強く残る幼児期の【憶い出の総括】として取合えず、二点の〝実体としての透過球〟を提示する次第。

後期高齢軟化した頭から搾りだした制作手段が〝張りこ細工〟(張り子の虎、ダルマなどの製法を自己流に解釈、試みる)です。

f0176500_11300250.jpg

     拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句     ありがたや 座して星霜 よき出会い                                                                           にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by ky-shige | 2018-06-02 11:36 | 球ビズム | Comments(0)

<227>珠刻まざれば価値生まず?

紙戯原駄画衛門は生来〝球体フェチ〟であり、球を見詰め続けていても飽きない人です。

この物体は視点を移動させない限り、手前半球面のみの様子しか見えず、見えない半面に変形している部分があるかも・・・とか、疑心に駆られる事も稀にあった様な?!・・・変なジジィーです。

子どもの遊び道具の透明度の高いビニールボールを透かして見ていても、少し屈折して不正確な後ろ半球面の文様の見え方に苛つくジジィーである。

月は常に同じ半面しか、地球にいる我々に見せない。月探査の技術進歩で漸くにして全球面を知る事が可能となった。近年、月球儀も作られ楽しみが増えた。

ビニールやガラス玉に数理的に定まった幾何図形を表記しても後背面の図形は可成り歪んでみえる。頑固駄画衛門はそれに苛つく。

つまり、視点をちょっと変えるだけで、透過球が歪みの無い千変万化の見せ様を示し楽しませて呉れるのが好ましい。

・・・と云う事で、己が楽しめる透過球を作ってみた次第。

足腰も弱まり、机上での玉転がしに夢中の日々を送っている。

f0176500_19551969.jpg
f0176500_19564592.jpg
そんな中、元商業圖案の痴が騒ぎ、ヒョットして商いに繋がるかもなどと痴ケベ心が頭をもたげた。

〝吊り下げモビール=受験合格の縁起物や学業成就の御祝い〟に・・・等と、なんとなく思いつきで作ってみた。あるいは金沢ミヤゲ?!?!・・・に。

はたまた湯島天神など全国の天神社に相談かけてミッカナァ~!取れぬ狸の●●算用にウツツを抜かして居り候〟・・・「珠刻まざれば価値生まず」
f0176500_19571969.jpg

サッカーボールと同じ、正12面体がベース=つまりオリジナル度が希薄。だが、結構いい味に出来上がった。


     拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句     ありがたや 座して星霜 よき出会い                                                                           にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by ky-shige | 2018-05-20 20:00 | 球ビズム | Comments(0)

<224> 球の影を追いかける


平成20(2008)に開催された〝球ビズム展〟の呪縛から逃れられない紙戯原駄画衛門である。

photoshopで創る球体表現(所詮二次元)に飽き、やはり実体としての『透けた玉』をどうやって造るか?

無い知恵をしぼり、そして漸く紙ネンド(貼り子細工風)での制作を思いつきました。仕上精度はイマイチです。もっと研きをかけたいと思っている。

幼少時より丸い形、球体フェチの紙戯原駄画衛門は、母親が林檎の皮を剥く行為に興味を示し、長く繋がった皮を玩び、それを無性に悦ぶ子どもであった。

先ずは、そんな事などを示す〝事始め写真?〟にと纏めてみた。

しかし、写真で見せるだけでは面白くないかも。・・・・・これらの写真をベースに、やはり手描き精密素描にすると、不思議さが倍加するかも?・・・・・など。長年、二次元表現のデザインを生業にしてきた訳だし・・・・・球体は何とか実体無くても描ける自信はそこそこあるんだが・・・・・床面に写り込む影は写真の力を借りないとリアルな表現に辿り着けない。

顕著なメッセージ性を込めた絵は、私は画けないが、「巧いなー、どうやってこんな形を描き出したのだろう」・・・・・と思わせるテクニックが売りの画面を創りだしたい。・・・・・未だ一枚も描いてないのだが。

f0176500_21222808.jpg
f0176500_21231422.jpg

↓↓この絵の浮かんだ透かし球が作り出す〝影〟はヤマカン想像で描いたので不自然です。写真を参考にして,巧いなぁー!・・・と思わせる絵を描きたいと思ってるんだが・・・・。
f0176500_21295850.jpg





[PR]
by ky-shige | 2018-02-22 21:32 | 球ビズム | Comments(0)

<206>平成27年〝アケオメ〟

若者ぶって「アケオメ~!」「ことよろ~!」・・・今年・齢79を迎えます。 〝憶えば~ 遠ぉ~くに 来たもんダァ〜♪〟
f0176500_1155641.jpg


    KANABIあ●そ●び●隊 川崎民家園まで歩こう! ・・・予告編
    

およそ55〜60年前頃、日照り・雨降り・雪積もる金沢片町、大和百貨店の裏通り辺りのキッチャテンに良からぬ仲間がタムロして斯様な音に酔い痴れていた様な。
各々その後の人生いろいろ。数年のち、それぞれの進む道別れ、王道を歩み頂点を極めた人や、波瀾万丈の道を歩んだ人、焦りもせず鳴かず飛ばずの人生をのらりくらり続けた輩。またまた年アラタマリ・・・柄にも無く、吾等の青春応援歌にちょっとシミジミ。
    
    

                       クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2015-01-02 15:25 | 球ビズム | Comments(0)

<197>久々の球宴

〝球宴〟とのタイトルにしましたが、昨夜から行われているプロ野球オールスター戦とは無関係。2004年の秋「球ビズム展」と銘打ったグループ展へ参加した事をきっかけに、透かし玉の作図を試み続けてきたのだが、最近その作業から遠ざかっていたが、久々にPCのいろんなアプリを駆使して発色具合に新工夫を加え透き通って視覚感を盛り込んでみました。
そもそも最初に取掛かったとき、つまり「球ビズム展」出品作に添付した説明書(リーフレット)のデータが出てきたので併せてUPしました。
f0176500_1451233.jpg
f0176500_14542754.jpg
f0176500_14532870.jpg
f0176500_1453263.jpg
f0176500_14515997.jpg


          クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2014-07-19 14:55 | 球ビズム | Comments(0)

<190>〝恍惚の人〟

f0176500_16484861.jpgパソコンの中を掻き回しあちこち探ってみたら、整った光沢を放つリングの組合せた画像が紛れ込んでいた。
これに習って、吾が開発した〝渦巻き透かし玉〟に更に立体感をと思い、試みてみた・・・が???
f0176500_1342049.jpg
かなり以前に作図した透かし玉をモニター画面に映し出し、photoshopで悪戯してみた。どこをどう操ったら、このような表現になったのか?。まったく手順が頭に残ってない。整合性の欠片も感じさせない落第作だ!
無自覚にマウスを操作しただけだ。悲しいなぁー。元々働きの鈍い頭、鈍化へとガランゴロン坂道を転げ落ち続けている。
f0176500_1352395.jpg
                    この透かし玉は幾分マシな表情を見せているかな?

駄真画報社々長は完璧な暇ボケ爺と化したようだ。喜寿を迎えたなんて、ちっとも目出度いと思えない。相変わらず描画しようとしません。鉛筆すら手にしたがりません。重篤な状態だと自覚してます。自覚すらしなくなったら、どうしよう!・・・との心配はしてますが、それすらしなくなってしまう〝恍惚の人〟に間もなく成ってしまうのだろうか?
シャチョーの同世代知人たちはシャッキリと世間に向けて諸々の発信をし続けていると云うのに。

      拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句  ----- ありがたや 座して星霜 よき出会い -----

      なんだか深いんでないかい!!! と思わせられたのでUPしました。
      友川カズキ『一人ぽっちは絵描きになる』
      フォークシンガー・画家・詩も書く
      「秋田訛りで聴き取り難い箇所も・・・それがまたいいんだなぁ〜!」
      
                                                       クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2014-03-13 13:06 | 球ビズム | Comments(0)

<145> 銀座にて展示

東日本大震災の災害義援金にという事で、銀座の画廊主催、チャリティー展(4月初旬)に誘われて出品しました。書き馴れないサインをしたため、額装しました。
出品者82人の方々の作品百数十点の中に紛れ込ませて展示していただいた。
額入りの絵にして銀座の画廊で展示! ということは駄画社シャチョー初めての経験! すっかり舞い上がりましたが、結果は売れませんでした。シャチョーの実力では売れないのは当然なんだが、何だか収まらない気持ちが残り、搬出の帰途ささやかだが、駅前での街頭募金に協力しました。
f0176500_11215375.jpg
f0176500_11225073.jpg
透かし球の表現にざらついた粗めの紙とカラーペンシルの相性が悪いように思え、細め画用紙よりも、もっと目の詰った紙に描いてみました。    
上質紙などわずかでもコーティングされた紙はやはり印刷に適していても、手描きにはほとんど不向き。合点と承知の上で描き出しました。……が、当然色着きが悪く、力任せにコキコキ塗りつける。たちまち難行苦行!何とかツルツルな球体表現をと、老いの手に厳しい腕力作業と相成り候。
毎度の事だが描き出し直後から後悔。往年流行った「ナンデコーナルノ?」ハナ肇の名台詞がつい口について出る。
悲しいかな駄真画報社々長、零細印刷屋の小倅。「紙は〝神〟粗末にしてはイカンよ!」親のいう事をよく守り続け、イイ年こいた爺ちゃんになっても病的にまで紙を無駄にしたくない性分。
何だか「トイレの神様?」みたいないい話になってきたぞぃ。さぞやシャチョー眉目秀麗ハムサンドボーイ上原謙の如きジーチャンかも?
余計な事をグダグダ述べる必要ありませんね。下手なスキャニングでかなり階調不足ですが、以前に幾度かアップしたザラザラ球表現より見栄え良しとしましょうか。
                                             ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2011-07-02 11:23 | 球ビズム | Comments(0)

<136> 浮遊させる

f0176500_11355034.jpg
    定めた視点に沿わせると、理屈にあった渦巻き玉の断面の厚みは、たぶんこの様に見えるのではと頭を働かせました。
    実際にこのような立体を為す球体を創りたいと思っているのだが、技術は無いし、材料の知識も無し。
    紙粘土で?などと ……挑戦してみようかなぁー。
    
2013/4/26。こんな動画をみつけました。
世間の進化についていけない駄真画報社々長は、昨24日とある会合に出席し、その席上で話題になった3D printingの進化ぶりについて、以前から薄々は聞き及んではいたんだが、早速にYouTubeを検索してみたら、イヤハヤ工業世界は凄い勢いで変様を続けています。
「紙粘土で?などと寝言いってる時代じゃないよ」……頭ぶん殴られた心地のココロ!
           ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2010-11-22 11:36 | 球ビズム | Comments(0)

<134> 球と手

    しばらく描くことから遠ざかっていて、さて、何を描こうか。何にも思い浮かばない。
    描きたがらない吾が手をじっと見詰める。そうだ!この手でも描くか。

    働けど働けど 我が暮らし楽に成らず じっと手を見る  ……などと世間では申します。

    働けどー……か、そのわりにヤワな手だなー。働き続けてきたのだが、働いた人の手には見えない。
    そりゃソーダ。
    長年、三角定規と鉛筆、ほかには茶碗と箸しか持った事ないもんなー。

    ところで駄画社々長、頭も働かせようよ。いったい何を表現したんだい。
    「絵ってもなー、何が描いてあろうと見る人の感性に委ねれば、それでヨシ!」
    「世間ではよくそのように言われてる様だよ」などとシャチョー、乱暴な事を言っています。
f0176500_2194348.jpg
    とは云え…… いつもの様に屁理屈も捏ねます。
    「空ッポ球を働かない吾が脳ミソ空ッポ頭に見立て、苛つき焦って小突いている自分を表現しました」……だとさ。
    愚にもつかぬご託を並べてシャチョー冷や汗を拭っております。
    何がしか主張を込めたものを描きたいのだが、齢の所為にして許してやりませふ。
    それにつけても
    色鉛筆で描いたらザラザラの仕上がり。悲しいなぁー。絵具でツルツルに表現する能力があればなぁー。

A閑話 右上↗カテゴリ欄の「球ビズム」をクリックすると、過去に発表した各種球体表現がご覧いただけます。
    それぞれ、空疎な球体表現だが、巧い具合に出来たとシャチョー本人は悦に入っております。
    今回描いている最中に思いついたんだが……
    これ等を片っ端立体物に仕立てて、モビールのようにして天井から吊り下げると面白いなあー。
    更に発展させて、コジャレタ装飾インテリア小物、照明器具、クリスマス用品、玩具など、商品開発に結びつくかも!? 
    浅草橋や横山町などへ開発提携業者さん、捜しに行ってみようかナー。あかんはなしかナー
                      ◉ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   ポチ→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増!
[PR]
by ky-shige | 2010-11-02 21:09 | 球ビズム | Comments(2)

<80> タンク・タンクロー

f0176500_18124510.jpg球状表現を始めたきっかけについて、以前 <9>球ビズム−1 にて詳細に述べました。
そこでは 「M.Cエッシャーの球形表現 = 若き日にエッシャーの作品集をみて、オッ球ゲタ!。以来、ン十年、脳みその隅に住み着いていたビー玉が『球ビズム展』参加をきっかけに転がりでてきた」 と書いています。(←左図はエッシャーの作品)

そのとおりではあるが、それは駄真画報社々長がグラフィックの業界でスタートしてからのことで、さらに遡って幼児期に何らかの刺激を受けていたことに、ふと、唐突に思いが至った。
物心がつくかつかぬかのシャチョーは、姉や兄の使い古しの遊具や本を与えられて、文明文化に接した訳である。戦前戦中の物不足時代であるから、新たに買い与えることも出来ず、親達にしてみれば悲しい時代でもあった訳である。
なかでも幼児期から少年期に懸けてシャチョーのお気に入りは、兄や姉達の読み古しの幼・少年雑誌だったようだ。(古雑誌はポイ捨ての時代ではなかったのだ)
f0176500_18135130.jpgところで、その時代と球状表現の結びつきは……?

ウィキペディアによると「ーロクンタ・クンタ」(戦前表記、右から左に読む)は、大日本雄弁会講談社の雑誌「幼年倶楽部」1934年(昭和9)1月号から1936年12月号にかけて連載された阪本牙城の代表作である。……とありました。

脱線  =  ちなみにシャチョーは長嶋茂雄氏と同じ1936年生。氏は「ソー、二・二六事件ね、あの日の朝は雪が積ってましてねー。寒い朝でした。ハイ」と仰ったとか。「ハイ」

球形で多機能を備えた異形のロボットの元祖、タンク・タンクローの活躍を描いた漫画が、まだ文字も読めない幼いシャチョーの頭に容易にすり込まれ、今日鮮やかに記憶の影像を浮かび上がらせるのだ。http://www.amazon.co.jp/タンク・タンクロー-阪本-牙城/dp/4778030141
f0176500_18154434.jpg
f0176500_1816493.jpg
f0176500_18172168.jpg
f0176500_18174231.jpg
玉、珠、球への尽きない興味が、脳みその隅に住み着いたのは、どうも幼い時分の日常の中で阪本牙城の「タンク・タンクロー」に接したことに端を発したようだ。
絵、画像、図形が人間に影響を与える力には、言葉では説明できない計り知れないものがある。
                                     ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2009-06-07 18:39 | 球ビズム | Comments(0)