人気ブログランキング |

カテゴリ:素描(デッサン)( 28 )

<82> 聖ジョルジュ像(完成)

50ン年ぶりの木炭による石膏デッサン。描き味を小綺麗に見せたがる駄画社々長に木炭は手強かった。
若いとき訓練でデッサンをやっていた頃、教える人は、「バックは塗るな!必要ない!余計なことするな!」と煩く言われたものでしたが、今回のものは、今更この歳、訓練のつもりはサラサラない。壁に貼っての観賞用のつもりだから、見栄えを気にしても宜しかろう。という事でコッテリと黒くして、メリハリを付けてみたつもり。
費用のことも考えてのスピード仕上げ。擦らず、はたかず、ほとんど消さず、修正せずの一気描き。2日間(およそ12時間?)で終了。
老いた手で意図したところに木炭を当てて引き描きするのが、かなり至難。手を浮かせ、軽やかに木炭を滑らせて筆圧?具合を加減することが難しい。肩は痛むし凝るし、あきらかに若い頃には戻れないことを実感させられた。(当ったり前だろ)
「ア〜ァアッ、描き始めのほうが良かったナー」と描き手の皆さん、押し並べておっしゃるごとく、シャチョーも「描き始めのほうが良かったナー」と嘆いております。おおむね絵ってのは、そのようなものの様ですネェー。
シャチョーにとって木炭描きは本当に難しかった。一瞬たりとも気を抜けない。老いの身に厳しい修行を強いるように感じられ、今後多分やらないだろう。やはり、何かにつけ、馴れ親しんでいる鉛筆描きがシャチョーには向いてるようだ。
f0176500_9581672.jpg
この絵画塾では某講師の世話で異例の扱いで描かせてもらったので、施設名や講師名は絶対伏せて、明かさないでくれとのことでした。……黙して御礼申し上げます。有難うございました。

閑話休題
昨日のTV番組、「途中下車の旅」は東横線で、元巨人軍投手の宮本さんが自由が丘を探訪し、絵画の測り売りの店を紹介していた。
「測り売り」表記のごとく絵の寸法、面積に乗じて価格を決める。
店内の絵すべて、1平方センチメートルの面積を5円の単価で買うことができるシステム。まさに 量り売りならぬ測り売り。
描き手の画歴関係無し。一番の売れ筋画家?は3歳児だそうです。天真爛漫、ニャンコの絵など。
日頃神経をすり減らして働く社長さんなどが「これは癒されるナァー」と求められるそうです。
ソレニツケテモお店の方が、さすが自由が丘らしく素敵な美人さん!……気になった。駄チョーどこ見てんだ(*,,*)
描き溜めたら委託販売をお願いしに…… いや、真剣に検討しよう…… かな。
目下売上げ零円の駄真画報社としては……
        ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2009-06-14 10:05 | 素描(デッサン)

<81> 聖ジョルジュ像(木炭デッサン)1

f0176500_22355026.jpg以前に鉛筆による石膏像のデッサンを5枚ほどお見せしましたが、
そのとき世話になった某絵画教室をしばらくぶりに覗いたら、知り合いの講師が「デッサン、やってみないか」と誘いをかけてきた。
敵さんの誘いにに乗って、費用の事が頭をかすめ、専務の渋い顔が浮んだが、成り行きエエカッコシイで、「やらせてください」、つい口がスベッてしまった。

久々に石膏デッサンに挑戦。若い頃には、熱心ではなかったが、いっとき木炭によるデッサンをやった時期がありました。
木炭はそれ以来だから、およそ50ン年ぶり。

教室で用意してくれた用紙は MADE IN FRANCE ☆☆☆∞MBM∞☆☆☆ INGRES D ARCHES と透かし入りのオシャレ〜な紙なんですね〜。筆記用木炭は柳だそうです。木炭の芯抜きや測り棒やトリミング用の覗き枠もあり、準備されたものに嬉しくなって「じゃ、やってみっか」
最近、根気がなくなってきたから、サササッと出来るだけ短時間でやろう。聖ジョルジュ像、かなりのイケメン青年。戦士らしい格好をしているのに〝聖〟を冠している。このギリシャ?ローマ?青年の来歴については、シャチョーなーんにも知らない。

鉛筆の場合はかなりゴシゴシ強く描けるが、木炭は軽く…カァールク描いても強烈に黒くなる。慎重に描かないと真っ黒になりそう。紙面はこんなにヤスリ状のザラザラだった?とは。久々の木炭、巧く扱う感覚が戻ってこないまま、おっかな                         ビックリの初日終了。長時間粘って、なんとか形が整ったかナー?
f0176500_2236417.jpg

















←参考作品(印刷物を写す)
f0176500_223847100.jpg
さて、この先、如何様な仕上がりになりますか。
ふと気付いたことだが、シャチョーは何を描いても目線が低い。先日の「奥石廊」は例外で、それ以外の風景や人物(専務像2点)ほか石膏像は押し並べて、そうであること……とは? 何に対しても、センムはもちろん、何様に対しても、へりくだって控えめな穏やかで奥ゆかしい、良い性格の表れなのだろう。??? つねにへつらったネジ繰れた性格の表れかも???
参考作品や像の写真よりも下から見上げた位置から描いている。しかしこの像に限っては長い首がますます長く見えるから、目線を上げたほうが落ち着いたような気がして反省している。今後、偏った見方を改めよう。
今になって、上に掲げた写真がシャチョーには角度もよし、ベストな目線位置に見えてきた。
「ソウ!シャチョー!そう思ったら書き直しませふ」「えぇっ 勘弁してよ。我慢してこのまま続けるよ」 
                       クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2009-06-12 22:58 | 素描(デッサン)

<49> 明けましてお目出度うございます。

    年賀状の拡大判です。今年も宜しくお願い申し上げます。
f0176500_14372876.jpg

    ……如何様な年になりまするやら     駄真画報社々長
         ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2009-01-01 15:02 | 素描(デッサン)

<44>  再び「考える人」を描く(2)

逆光左向きの「考える人」が完成しました。駄文を付して2009年の年賀状に仕立てようかと思っています。(2008年の賀状には右向きの「考える人」のデッサンを使用、  <1> 煽られて その気にさせられて? ブログ開設 [2008-05-27 13:52 by ky-shige]に掲載してあります)
右向きの像はほぼ順光ですが、モロ逆光の像を描く経験は初めてで、かなり難しかったが面白い経験をした。
f0176500_21301877.jpg

駄真画報社々長のデッサン再挑戦5枚目 = 考える人 鉛筆 500×650mm マーメイド紙
ブログランキング・にほんブログ村へ
by ky-shige | 2008-11-29 21:36 | 素描(デッサン)

<4> サモトラケのニケ像を描く

阿呆社長はかなり近年まで、<サモトラ家のニケ>という彫像だと思っていたソーナ。
何家の御令嬢であろうと、それはドーデモいい事で、
某絵画教室に潜り込んで、ワガママを押通して、およそ一ヶ月半に一枚のペースの鉛筆デッサンは、いささか嫌気をもよおす。
今回のニケお嬢さんはかなり薄汚れていたのに触発され、焦げ茶色の色鉛筆で気分を変えました。
小さな石膏像なので、かなり近寄って見上げる位置で描きました。
上背部を明るくしたら、かなり巨像のように感じられるナァー……と自己満足。
f0176500_9274817.jpg

デッサン再挑戦3枚目 = サモトラケのニケ 色鉛筆(焦茶) 500×650mm マーメイド紙

デッサン再挑戦4枚目は<1>に掲載した『考える人』です。
以上、デッサンを4枚(約6ヶ月、2007/1月中旬〜7月)描いたらすっかりヘトヘトになりました。
すこし期間を空けて、再び石膏デッサンをやるとなれば、若い頃苦手だった女性像に挑みたい思っています。

次号からは彩色をしたものをアップします。ときどき駄真画報(駄文つき)も混じえていきたいと思っています。
        ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2008-06-03 10:18 | 素描(デッサン)

<3> ブルータスを描く

荒削りな鑿跡を残すこの石膏像が、なんだかヤケに白っぽく感じられて、周りを濃くして像を浮び上がらせようと焦った。なんだか媚びた画面?になった。
向って右胸部を見た目より意識して大きくして遠近感を強調しょうとしたが、あまり効果はなかった。
f0176500_1571654.jpg

デッサン再挑戦2枚目 = ブルータス 鉛筆 500×650mm マーメイド紙
        ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2008-05-31 15:11 | 素描(デッサン)

<2> モリエールを描く

デッサンを試み始めた若い頃、ミロのビーナスなど女性を模した石膏胸像が苦手だった。
ツルリとした肌合いを表現するのに手こずっていたようだ。
今回の石膏デッサン再挑戦は昔の事を思い出したようで、数枚描いてみたが、凹凸の多い男性像ばかりになってしまった。
顔がすこし大きいかナァー 毛髪部の表現がすこし煩いかナァー
f0176500_1747373.jpg
     デッサン再挑戦一枚目 = モリエール = 鉛筆 500×650mm マーメイド紙
     鉛筆描きですから実画は幾分か薄い濃度、明るいです。フォトショップ処理で濃淡メリハリかなり強調しました。
        ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」      クリック頂くとやる気が倍々増→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2008-05-29 17:57 | 素描(デッサン)

<1> 煽られて その気にさせられて? ブログ開設

以前から『ブログ』を始めろと友人から薦められ、ボンヤリ考えていたのですが、
2008/5/20放送、NHK趣味悠々インターネット『ブログを作ろう』の中で中谷日出、森口博子の両氏が口をそろえて「簡単簡単……」とおっしゃる。
あまり要領を得たわけでは無いのですが、これで、やっと腰があがり、翌日、早速「鉄は熱いうちに打て」……簡単簡単。中谷氏の言に偽り無しでした。
ところがドッコイ
当方にとっては記念すべき『画写ッ!』第1号(2008/5/21)が操作不慣れで、あと形も無く消えてしまいました。(それでもアクセスしてくださった方1名様いらっしゃいました。お礼もうしあげます)。
ここに改めて今号を『画写ッ!』第1号(2008/5/27)とさせていただきます。
過去約3年ほどに亘り、ごく親しい友人達に向けて『駄真画報』と唱え、駄真画報社々長と称して、メールに写真(駄真)を添付し、絵解きの駄文も添えて、迷惑も顧みず、無理矢理一方的に送りつけ、勝手に楽しんでいました。
友達ということで、ときには甘えも出ます。
いささか不快感を催させる内容のものを送信したり…… と反省しきりでした。
かなり以前から数人の方からパソコンやってるんだから是非ブログをと薦められていました。
なにしろ、ほおって置かれると、すぐタガの緩む奴でして、己を律するにはブログがもってこいではなかろうか…… ブログとなれば、無茶はできません。
清く明るく正しいマツリゴトを目指して選挙に臨む?…… の姿勢でと思ってはいるのですが、そんなんでは長続きもしませんネ。
なにしろ老社長と老専務の為すことですから、補い合いながら、気楽に続けたいと思っています。

f0176500_1256219.jpg今年のmy年賀状にこんなことを書いていました

70歳で仕事をやめて1年経過、退屈男に苔がむしてきた。
拙いなりに絵の世界の片隅ででも遊ぶしかないだろうな。
しかし何を表現したいのか?描きたいのか?
1年間愚老なりに愚かな想いを巡らす考える人状態だが漠として掴めない。
こうなりゃ初心に還るしかないだろう。鉛筆デッサンからでもやってみるか。
ということで、およそ50数年ぶりに石膏像と対峙し、取合えず考える人を描いてみた。
そのうち何かを掴まえたいと考えている。
マーメイド紙 500×650mm

葉書の右側縦書き文
じっくり像を見つめていると、巨匠ロダン先生のアラが見えてきた。右上腕と左足首部の肉付け具合がイマイチ気に入らないが、見えるがままに描きました。 (などと身の程知らず、大それたことをヌカシテおります)
f0176500_12585752.jpg

「考える人」石膏像 = 鉛筆 マーメイド紙 500×650mm

……と まあ、「そのうち何かを掴まえたい」などと深く考える能力があるわけもなし、気楽にこんな調子の物からでも掲示していこうかと思っています。
お気が向きましたら、ご意見、ご叱正、ヨイショな励まし…… なども頂戴できれば、嬉しいです。
        ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2008-05-27 13:52 | 素描(デッサン)