<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

<22> 武人、武者絵 2

f0176500_2224444.jpg

武将図   墨+滲み止めの蝋引き+着彩  大奉書2枚継ぎ貼り (昭和52年)
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-07-30 22:26 | 社長の駄画 | Comments(0)

<21> 武人、武者絵 1

駄画社々長は長年グラフィックデザインをナリワイにしてきたのだが、若げのイタチで時々トチ狂った方向の駄画を描いて気分転換を図っていたようだ。
押入れの片隅で眠っていたアルバムに武者絵などのカラー大判焼きが数枚入っていた。
f0176500_1453188.jpg

私の出身地の方々の要望で描いものである。(春季祭礼の夜に曵きまわす、行燈作りの曵山車に武者絵が使われている)
銭金抜きだから、気楽に描いた様子が随所にでているようだ。
正確さ無視、顔、胴体、手足の大きさやバランスなど、均衡をとる事などトント気にせず、無論、時代考証など意識外。三国志や水滸伝の漢たち?に想を巡らせ、北斎や國芳気取りで描いたようだ。

武人(関羽?張飛?あるいは梁山泊の領将達のつもりらしい)   墨+滲み止めの蝋引き+着彩  大奉書2枚継ぎ貼り (昭和52年)


 <閑話休題>
ひと月ほど前、駄画社々長が神田の書店を覗きに行った折、スズラン通りの文房堂に立寄り、初めて不透明水彩絵具(ガッシュ、おフランス語に惑わされて)18色セットを買い込んだ。社長は不透明水彩とポスターカラーの違いについて、昔から知識を持ち得ていないから、お店の人に尋ねたら「ポスカラとは比べ物にならない最上級の高級顔料で練ってあります」とのことで、つい舞い上がって衝動買い。試しに重ね塗りをしてみたが、透明水彩との差がよく分らない。
若き日からポスカラを惜しげもなくドバドバ塗りたくるのが不透明な表現だ。とする観念が社長の頭に染み込んでいるから、このチョッピリのチューブ入り絵具でどれくらいの表現が可能なのか ・・・とお金のかかるお絵描きになりそうだナ。モッタイナイナー・・・ といまだに小品の一枚も描いていない。昔も今も彩色がヘタクソの社長。ネコに小判、ブタに真珠だよ。描くのが怖いンデナイカイ。
「アホか! 描かないのなら、それこそ無駄使いジャ!」 山の神に叱られている今日この頃である。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-07-28 14:58 | 社長の駄画 | Comments(0)

<20> 駄真画報 5 暑中お見舞い

         季節限定でお出ましになる方を紹介します。
f0176500_12161366.jpg

かの方はいにしえよりこの季節に柳の木の下あたりに佇まれるのが定説になっています。
しかし、この暑いさ中、佇み続けるのは大変なことですから、柳にのり移り変身されて気楽に涼風?に身を任せていらっしゃる姿に、駄真取材奇者も一時ヒンヤリ感を満喫した・・・? と言っておりました?

一部地域の方には発表済みの駄真でご免なさい。ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-07-26 12:23 | 駄真画報 | Comments(0)

<19>  駄真画報 4号 Back to the Future

変わりゆく東京の中で、驚くほど超スローな時間というよりも歳月の流れが止まっている場所がある。大概そうゆう場所は神社か寺院。たびたび散歩で訪れる目黒不動尊がその典型的なケースを示していた。
f0176500_13384634.jpg

図書館から広重画『江戸名所図会』の一部を掲載したものを借りてきた。
目黒不動尊境内の佇まいを描いたページを見て、あまり変化してないナーと感じたので、散歩のおりに写真を撮ってきた。(日本髪やチョンマゲの人には遇わなかった)
江戸期の人達が悩みや病などからの解脱を願っている行場の絵が描かれていますが、現代では同じ場所に「この水は飲めません」の表示。そして不動明王の石像が凡夫衆生の諸々の願いを一身に請け負い、柄杓一杯の水で解決くださっています。有難いことですナー。
f0176500_1340257.jpg

f0176500_1341045.jpg

なんだかんだと風景や情景を記録した広重さん、アンタはエライ! 北斎さんも89歳?亡くなる直前まで、描き続けている。 
それにつけても
そもそも、拙ブログを立ち上げた理由は自分への気合い入れ。描き下ろしの絵を皆さまに見て貰いたい一心からだった筈なのに…… およそ2ヶ月も経過したのに、駄画1枚描けていない。山の神の骨折などアクシデントがあったとは云え、怠惰に日時が流れていく。これが老化というものなのか?…… といささか愕然としている。鉛筆での石膏像デッサンも僅か4枚で腰砕け……は皆さまご存知のとおり。
まだ当分焦りつつも、旧迷駄作などをアップし続けます。誤愛読の皆さま、感謝致しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-07-22 13:48 | 駄真画報 | Comments(0)

<18>  球ビズム 4

                        サッカーボールに想を重ねて
f0176500_18175227.jpg

                            三つ巴
f0176500_1818315.jpg

                                             ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2008-07-19 18:21 | 球ビズム | Comments(0)

<17> 駄真画報3  癒す人、癒される人

今に始まったことではありませんが、世の中ギスギスしています。
駄真画報社々長は、一時でもいい。誤愛読者?の皆さまにホンワカとした「癒し」をお届けすることを責務と感じ、日々ウロウロと近所を徘徊しています。
f0176500_14229100.jpg

癒す人 = ちょっと見えにくいですが、豚チャンの耳の穴をコチョコチョしています。何とも気持ち良さそうにリラックスしてました。
f0176500_1434773.jpg

癒される人 = この猫チャンも大人しくして、?な老人の肩にのせられ、悠然と散策をしていました。よく見ると、紐で繋がれていました。うっかり落ちると縊死する恐れあり! ムベナルカナ 猫は知っていた?
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-07-11 14:07 | 駄真画報 | Comments(0)

<16> 球ビズム 3  地球

                       見透せる地球を表現してみました。
f0176500_17494582.jpg

                    太平洋真正面に見据えてみました。まさに水の惑星。
f0176500_17504530.jpg

                      日本列島を中心にしてみました。
                                             ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2008-07-04 17:51 | 球ビズム | Comments(7)