<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

<44>  再び「考える人」を描く(2)

逆光左向きの「考える人」が完成しました。駄文を付して2009年の年賀状に仕立てようかと思っています。(2008年の賀状には右向きの「考える人」のデッサンを使用、  <1> 煽られて その気にさせられて? ブログ開設 [2008-05-27 13:52 by ky-shige]に掲載してあります)
右向きの像はほぼ順光ですが、モロ逆光の像を描く経験は初めてで、かなり難しかったが面白い経験をした。
f0176500_21301877.jpg

駄真画報社々長のデッサン再挑戦5枚目 = 考える人 鉛筆 500×650mm マーメイド紙
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-11-29 21:36 | 素描(デッサン) | Comments(0)

<43>  再び「考える人」を描く (1)

一昨年1月〜5月の4ヵ月間、石膏像の鉛筆デッサンを試み、計4枚をお見せしましたが実は描き損じと云うか、軽いアタリをつけただけで途中で投げ出した未完成物が数点あり、勿体ない気持ちが湧いてきたので、くだんの某画塾で仕上げさせてもらうことにしました。
なかでも逆光左向きの「考える人」は良い感じになりそうなので、3時間ほど描き加えて、ようやく微妙な明暗の境目を探ることが出来たようだ。 ……が、ついつい顔にばかり手を入れてしまって、描写途中の段階はど素人臭さ剥き出しの噴飯物である。
あと3時間粘って全体黒くするとナントカなりそうだ。
f0176500_21204546.jpg

デッサン再挑戦5枚目 = 考える人 鉛筆 500×650mm マーメイド紙
                                                                                             次回、完了図をアップします。   痴戯原駄羅衛門
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-11-23 11:00 | Comments(0)

<42>  北鎌倉 東慶寺を望む

北鎌倉の円覚寺境内の急峻な石段を登りつめた所に趣きのある鐘楼や弁天堂がある。
息はゼイゼイ、万人皆、一休みしたくなる。御誂え向きにそこには茶店があり、
そこからはJR横須賀線や道路を樹林がのみ込んだ谷筋をはさみ、向い山の東慶寺境内を俯瞰することができる。北鎌倉の散策では一番にお薦めの場所だ。
f0176500_22264434.jpg

鎌倉東慶寺全景 = ペン、水彩 マーメイド色紙

画面に賑わいをと小菊を配置してみたら、なにを主役にしているのか判然としない訳の分らぬ駄画になってしまった。……が、老体の手慰み。まさにご笑覧のほど。(実はブログ継続アップアップ。愚画は承知之助、許してチョンマゲ)  駄真画報社々長
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-11-18 22:27 | 社長の駄画 | Comments(0)

<41> 牡丹のスケッチについて

f0176500_17255749.jpg
一昨年春、某家が丹精して咲かせた牡丹を、「絵にしたいほど美しい」と、つい誉めたら、「どーぞ、どーぞ」といきなりハサミでチョッキン、ビックリ仰天。マイッタ。
切り花を頂いたので、「描きあがったら差し上げます」と安請け合い。
萎れない内にと鉛筆描きを始めるが、可成りの狂いは承知のうえ、無理矢理、画面に納め、辻褄合わせをする。良いのか悪いのか、理想化したイラストのようなバランスになったような。
さて、着彩は自信がないから淡彩で誤魔化した。そのため、鉛筆で多めの調子を付けた。
額に入れて、先様に進呈したら随分と誉めてくださった。
そりゃそーだわナ。軽ーい絵だが、けなすわけにもいかないし。
気持ちの何処かに、デパートの美術品売り場で見かける、日本画家の方々が描かれる手頃な大きさの牡丹絵の構図に近づけたなら、この絵を貰ってくれる人は不満を感じないだろう……と。やはり、染付いたデザイン屋特有のスケベ根性から抜けだせない自分に愕然とした。
描くことは嫌いじゃないのだが、多分、牡丹を誉めたオベンチャラから始まったお絵描きは、やはりすこしつらいものがありました。つまり、仕事の依頼主を満足させるために長年あがき続けたデザイナーの習性、焦りのようなものが体内に燻っている……のかナァー  結果、中途半端な仕上がり具合に不満がチョッピリが残ってしまった。
f0176500_17425920.jpg

牡丹図  鉛筆+透明水彩  四切の額装 (額に入れた絵を嫁入りさせたのは二度目)

一部の読者様にはすでにオメモジ済みの絵です。ご退屈様にて恐縮です。悪しからず。   駄真画報社々長 拝
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-11-15 17:56 | 社長の駄画 | Comments(0)

<40> 桔梗を描いてみました

      秋です。芸術鑑賞もいいが、何がしか表現を試みたほうがより楽しいだろうナー……
      ということで、手近かなもので花でも描くか!
f0176500_2273944.jpg

       桔梗 = 鉛筆、透明水彩 ほぼB4  マーメイド紙

      山の神が花屋で栽培ものと思える桔梗の鉢植えを求めてきました。
      コッテリとした彩色をと勢い込んではいたのだが、やはり無理。
      先日の林試の森公園でのスケッチのごとく、淡彩しかほどこせない。
      着彩以前に鉛筆描きでかなり黒くしてしまったから、色が着けられない。
      時間はたっぷりあるのに、およそ1時間でハイおしまい。
      せっかち老人になってしまったのかナー? 
      こんな調子でもいいから、ドンドン描こうかナー
      最近フンパツして手に入れた不透明水彩絵具でコテコテ厚塗りの絵にも挑戦しなきゃ…… 乞うご期待!? 
      ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by ky-shige | 2008-11-03 22:12 | 社長の駄画 | Comments(0)