人気ブログランキング |

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<101> 柚子?

    秋も深まりました。駄真画報社々長やゃオセンチ?な気分になっております。無性に秋を描きたがっています。秋と云
    えば柿です。ポケデジカメ取材に出かけました。
    地元、林試の森公園には多種多様の樹木がありますが、果実の成る木は一本もありません。強いて探してみたのですが
    実のなる銀杏が一本だけ。(果実と言えるかどうか?)
    公園の周辺を一周り(ヘトヘト)したら、民家の前庭に柚子?と思しき木と、葉が散り始め、幾分紅葉しかかった、や
    や趣きを感じる柿の木を見つけた。
    柿は次回アップ用にストックして置き、本命柿に取り組む前に軽いタッチで柚子の木を練習腕慣らしに描いてみました。
f0176500_143638100.jpg
    [A閑話]
    今夜は熱々ウドンに削り柚子を放ち…… と稟議書を提出 山の神専務快諾
    ウドンをフゥ〜しながらセンムのミコトノリ「平面的ネェー、次の柿の木は細かく描き込んだら?」
    おもわず蒸せて、鼻からウドンがブゥッ! 垂レタ啜ッタ塩ッパイナァ〜。ラクして…を見抜かれたか。
    食した柚子はスーパーで、おおかた衣揚げ状態のエビ天と一緒に求めたもの。庭先で失敬しなかった事を茲ニ誓ヒマス。
    にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2009-11-29 14:46 | 社長の駄画

<100> 再び初心に

どうにかブログ更新100回目。ブログを通じて描くことを趣味にしようと開設時に唱えたはいいが、駄真画報社々長の駄画の掲載は、およそ18ヵ月間で描き下ろし作およそ15点。ひと月に一枚も描けていない有様。これではあまりに情けない。100回目を期に、シャチョーにしっくり合う描き方を探っていこうと思っているのだが、その前に表現し続けたい主張を込めたテーマは何なんだろう? ……などと趣味の域を超えた分野に思いを巡らすことがイケナイことであって、無能シャチョー背伸びしてはいけないのでR。
各種展覧会などを観て回るのは楽しいのだが、観れば観る程、知らぬ間にそれらと己の趣味を天秤に掛け、身の丈に合わないのは承知の上だが、トラウマにさいなまれ、前記の如しになる訳でR。ほとんどビョーキじゃなかろ〜か?描けないスパイラルに嵌り込んで、何も描かないのでR。
    ……ということで、ここは一発、再び初心に還ろう。頭空っぽにして、気楽に小物のデッサンから
f0176500_1810968.jpg
     「蕪」 鉛筆+パステル白 ボール紙
f0176500_1811691.jpg
    photoshopにて蕪を一個消して乗算加色、イタズラしてみました。描いたものをパソコンに読込めばヤバいことできるねー。
    ギョッ! わが社の山の神専務、本日古稀!  「仲よき事は 美しき哉?」 無茶苦茶ノ工事 詐ネアツ
                                            なんちて ……願望  にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2009-11-24 18:27 | 素描(デッサン)

<99> 気分一新100号からは

新宿御苑の描き込み、こんなテイタラク。終了にしょうか? もう少し手を入れようか?
鉛筆描きをしている最中、唐突に明治政府お抱え絵師?漫画家?ジャーナリスト?。経歴などよくは知らないが仏蘭西人ジョルジュ・ビゴーの日本見聞録のポンチ絵、新聞挿絵?など当時の日本の風景、風俗などに幾分皮肉を込めた描き味が頭をよぎった。
きょうび何故こんな具合な題材に関心を示すのか? 何故こんな具合なビゴーさん的描き味にしてしまうのか? 
駄真画報社々長ほとんどビョーキ。とは言え、満更見れない事もないんでないかい。ヒョットして今どきこんな描き方珍しくて、新鮮味に溢れているかも…… ンな訳ネェーダロ
f0176500_2351229.jpg
    耐水性セピアインク + 開明まんが墨汁耐水性

シャチョー本当にビョーキのようだ。一応ペン描きを終了させて、机の前の壁に画鋲止め。一晩寝かせてあらためて見直す。
これに絵具を差すとどうなるのかなぁー。どうせ珍妙な出来だ。やってみようかなー。
描き出しから珍奇なものは、手を入れれば入れるほど、ますます面妖な雰囲気を醸すだろうなー。しばらく考えてみよう。

[A閑話]
ブログ開設いらい、およそ1年半でどうにか100回目の更新目前と相成り候。
そもそも駄真画報社々長、ブログを始めた目的は「趣味のお絵描き・お披露目」ではあるが、描き上げた絵をどしどしアップし、それを生き甲斐に……の筈で,今もその気持ちに変わりはないのだが、だんだん頭が回らない融通の効かない老人になっていくようで、手間がかかって面倒なのは承知しているのに、ますます細かい作業をしてしまって、それに嫌気が差して戸惑い困ってしまって、つい作業をサボリがちになるシャチョーの今日この頃の様子に、誤愛読の諸兄姉もアングリに御座候といったところ ……ではなかろうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どなたかお名前を忘れたが、その方の述べられた優等生的絵画作法が、強くはないが印象にボンヤリ残っている。
 己が情景状況から受けた感動を正直に誠実に表現できるか。
 技術をヒケラカシ歓心を買おうとしてはいないか。
 嘘や誇張を描き込んではいないか。
 卑しい独断、自己主張を描き込んではいないか。
 一切の邪念を持たぬ様、己を戒めて作画に臨まねば …… とまあ大旨そのような素晴らしい内容(ありきたり?か)のものでした。
無論なにをか況んや。シャチョーも建前としては承知している事ではあるが、シャチョーやる事為す事100%上記に反していると思われるが、それで好しと思っている。
シャチョーは折角描き上げたものを大勢の人達に見せたい!ひけらかしたい!嗤われようと、欲望の赴くままに……だ!
シャチョーの絵画作法? たかが趣味のお絵描き。楽しければ、なんでも有り。なのだが? 一行書き加えましょう。〝さぼるな!〟
描かんとする題材も、シャチョー自身があまりシックリしないものにも関わらず、深く考えないで取りあえずヒョイと鉛筆で紙面を汚しはじめる。描き出したら用紙を無駄にしたくない性分(幼い頃から紙を神のごとく貴重な物と崇める零細印刷屋に生まれ育ったせい?)なんとか見れるレベルの物にしたい訳で、怠け者だが描き込まないと気が済まない癖が身に染み込んでいて、ドォーニモ止まらない♫ ようだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
絵に限らず広く物造りの趣味の世界では出来上がるまでの過程つまりプロセスを楽しむのだ。などと言われていますが、遅筆の老社長にとっては、それがどうにも苦痛を伴う。しかし描き上げたい。大げさだが茨の道だ。
器用でもないのに、描き味をコロコロ変えるのもシャチョーの移り気症候群の所為なのだろうが、気に入った描法を手にいれたいものだ、そろそろ平癒してクレヨパトラ と気を揉んでいる次第である。
100回目からは気分一新、幾分方向転換して、すなわち描き味を軽く(ラク)して、せめて週一回くらいのペースでアップし続けるようにしたいと思っている ……が? はたして〝解決して紅頭巾〟参上と相成りまする也?いな也?
    パチパチ ブラボーハラショー! 本音シャチョー♪    
    駄真画報社々長  本日=満73歳、気分一新方向転換決意の記?のつもり      ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
by ky-shige | 2009-11-08 23:12 | 社長の駄画