<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

<137> 紅葉

f0176500_14473536.jpg





白山スーパー林道、海抜およそ1500メートル、高地の紅葉です。瀧の名称は分かりません。
ベースにした写真が縦位置で、せせこましく窮屈な感じなので左右に間延び?させ、ワイド感をと敢て変形しました。



山の神専務に「なんで三原色の黄赤青しか使わないの?幼児還りしたみたい」と言われて、慌ててホワイト絵具の多用は水彩落第!。 



絵具扱いの下手な駄真画報社々長、必死こいて塗りたくったのだが、何やってんだか?チマチマした運筆。どこまで下手ッピーになっていくのやら…… 
下手ッピー何するものゾ! 平気ヘッチャラ! ブログUPの手持ち画稿が皆無につき、エイッヤッ!」
f0176500_0321752.jpg

    日頃、何かと良きアドバイスをくださる某氏の要望にお応えして、描いてみました。生々しい色合いになってしまいま
    した。ごめんなさい。
    画面をクリックすると拡大します。アラが見えます。  赤(*r*)面

A閑話 七十路も中間点に差しかかった駄真画報社々長。何を今更オロオロ自己分析する必要がアラスカ!
    本当に描く事が好きなのか? 生家が平版の印刷業だから、ガキの頃から無理矢理手伝いで描筆を持たされたから、いく
    らか技能がアップして、俺は描けるからイコール「好き」と少年期に早くも勘違いしてしまったのではなかろうか?
    と云う事で、可成り画く要素も含んでいるようなグラフィックデザインの業界で長年過ごす羽目になってしまった訳だが、 
    職業にしたからにはと、七十歳まで「描く事が好きである」に些か疑問を感じながらも、遮二無二と言おうか奔り続けて
    きたような気がする。
    つまり、いかなる職業も継続させるべき装置、いわゆる〝報酬を得る事に飽きる事はない〟という仕組みが用意されてい
    るから与し易いわけで……
    さて、職から離れて、ここに来て「何かを描く」事を趣味にしてみよう。とのことで始めてみた訳だが、これが難しい。
    描き続けるためには、ある種の縛り「枷」が必要な気がして、それを「ブログ」という緩い装置に定めてみた訳だ。と自
    身に言い聞かせながらも、枷を外しっぱなし状態で気侭に描いている。
    ……がしかし、最近はノリノリの気分で描けないのは何故だろう。描写の継続力、つまり気力体力の低下が為さしめるの
    か? 若い時分から度々スランプに見舞われる気質だから、まぁーたいして心配もしていないけど。
    遅れて巡ってきた或る種更年期障害のようなものなのか? 気分がスッキリする「老人力」が欲しい! いい齢こいて悩
    ましい事です。
    今後の方策方向を見いだしたくて、自己批判してみようと書き出してみたが、どうも巧く書けない。更なる脳力の低下、
    ボクチャン嗤っちゃいます。

                      ◉ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   ポチ→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増!
[PR]
by ky-shige | 2010-11-29 14:49 | 社長の駄画 | Comments(0)

<136> 浮遊させる

f0176500_11355034.jpg
    定めた視点に沿わせると、理屈にあった渦巻き玉の断面の厚みは、たぶんこの様に見えるのではと頭を働かせました。
    実際にこのような立体を為す球体を創りたいと思っているのだが、技術は無いし、材料の知識も無し。
    紙粘土で?などと ……挑戦してみようかなぁー。
    
2013/4/26。こんな動画をみつけました。
世間の進化についていけない駄真画報社々長は、昨24日とある会合に出席し、その席上で話題になった3D printingの進化ぶりについて、以前から薄々は聞き及んではいたんだが、早速にYouTubeを検索してみたら、イヤハヤ工業世界は凄い勢いで変様を続けています。
「紙粘土で?などと寝言いってる時代じゃないよ」……頭ぶん殴られた心地のココロ!
           ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   クリック頂くとやる気起きます→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by ky-shige | 2010-11-22 11:36 | 球ビズム | Comments(0)

<135> 彩色に慣れるために

    某氏の水彩画個展会場を訪れ、その見事な筆さばきに刺激を受け「帰宅早々、早速に強度の着彩恐怖症を克服しようと、
    練習気分で描いてみました。
f0176500_14555494.jpg

    たかが花一輪、肩が凝る思いでした。無論くだんの氏には及ぶべくも無いが、駄真画報社々長にとって、鉛筆描き無しで
    の作業は稀な事。幾分靄が晴れたような気分が味わえたと……
                      ◉ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   ポチ→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増!
[PR]
by ky-shige | 2010-11-14 14:57 | 社長の駄画 | Comments(0)

<134> 球と手

    しばらく描くことから遠ざかっていて、さて、何を描こうか。何にも思い浮かばない。
    描きたがらない吾が手をじっと見詰める。そうだ!この手でも描くか。

    働けど働けど 我が暮らし楽に成らず じっと手を見る  ……などと世間では申します。

    働けどー……か、そのわりにヤワな手だなー。働き続けてきたのだが、働いた人の手には見えない。
    そりゃソーダ。
    長年、三角定規と鉛筆、ほかには茶碗と箸しか持った事ないもんなー。

    ところで駄画社々長、頭も働かせようよ。いったい何を表現したんだい。
    「絵ってもなー、何が描いてあろうと見る人の感性に委ねれば、それでヨシ!」
    「世間ではよくそのように言われてる様だよ」などとシャチョー、乱暴な事を言っています。
f0176500_2194348.jpg
    とは云え…… いつもの様に屁理屈も捏ねます。
    「空ッポ球を働かない吾が脳ミソ空ッポ頭に見立て、苛つき焦って小突いている自分を表現しました」……だとさ。
    愚にもつかぬご託を並べてシャチョー冷や汗を拭っております。
    何がしか主張を込めたものを描きたいのだが、齢の所為にして許してやりませふ。
    それにつけても
    色鉛筆で描いたらザラザラの仕上がり。悲しいなぁー。絵具でツルツルに表現する能力があればなぁー。

A閑話 右上↗カテゴリ欄の「球ビズム」をクリックすると、過去に発表した各種球体表現がご覧いただけます。
    それぞれ、空疎な球体表現だが、巧い具合に出来たとシャチョー本人は悦に入っております。
    今回描いている最中に思いついたんだが……
    これ等を片っ端立体物に仕立てて、モビールのようにして天井から吊り下げると面白いなあー。
    更に発展させて、コジャレタ装飾インテリア小物、照明器具、クリスマス用品、玩具など、商品開発に結びつくかも!? 
    浅草橋や横山町などへ開発提携業者さん、捜しに行ってみようかナー。あかんはなしかナー
                      ◉ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   ポチ→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増!
[PR]
by ky-shige | 2010-11-02 21:09 | 球ビズム | Comments(2)

<133> コスモス

    只今、掲載可能の描き下ろし画が皆無の駄真画報社々長。
    「季節を感じさせる画稿を貸してちょんまげ」山の神専務に泣きを入れた
    気前よく「アイヨッ!幾らでもあるよっ!これどーよ!」今回の助け舟は「道ばたのコスモス」
f0176500_14133248.jpg
    「あーこれっ(`,,`)…… ハイハイ」
                      ◎ 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」   ポチ→ブログランキング・にほんブログ村へ描く気倍増!
[PR]
by ky-shige | 2010-11-01 14:15 | 専務寄稿画 | Comments(0)