<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<165> 人気倍加?

f0176500_22151599.jpg



駄真画報社の山の神専務は漫画「サザエさん」の大フアンで、先日来報道されている東急田園都市線、桜新町駅前のサザエさん一家の銅像、波平トーサンの毛髪抜き取り事件に立腹。どれほどの損傷具合か?心配が治まらないので、この目で確かめ、せめて駄真画報社々長が日頃遣ってる養毛剤でも塗布してあげたい?……と云うことで、「なぁ〜に、極近距離で気にするほどの電車賃でなし…」と出向いた次第。


サザエさん通りには至る所にこのような絵などがあり、愉快に散策や買い物がたのしめます。
     (桜新町商店街 私設宣伝ブチョー)


f0176500_22173478.jpg
取り越し苦労。心配に及ばず。入れ替わり立ち替わり波平さんの頭頂部を撫でたり、また毛が生えますようにと叩いたり、(頭髪育成には適度に頭皮を打ち続けると効果あり)人波絶える間無し状況。
マァー、つまりは桜新町商店街は毛一本の紛失で経済効果は計りしれないものがもたらされたようでR。
現に吾が社当日の支出をみると、電車賃は別にして、自販機コーヒー(2人で1缶)+ビーフデミグラスソースかけ豪華オムライス×2人分 ということでR。目下売上げ0を続ける当社としては、大奮発の出費であったな! 旨かったー! 
長谷川町子美術館は開館間もないころに訪れたから、経費削減、今回はパスした。
マァー、つまりは気分転換にプチお出かけ昼飯を…… キョーもいぃテンキ〜♪ であった!

f0176500_22192857.jpg

サザエさん一家の銅像が設置されたのは、つい近日、今年3月のことで、ホノボノとした話題としてTVニュースで報道された。
これを視てた駄画社シャチョーとセンムは「アッ!これはヤバいなー」期せずして同時に声をあげたものだった。と言うのも度々各地で銅像へのイタズラ、損傷事件がまま発生しているから、案の定……の感は否めなかった。

銅像のサイズが実にいい。つい、頭部を撫でたくなる絶妙な寸法ではあったな!これはTVでは感得しえない現場にたってこそ。駄チョーは割りと銅像フェチ




桜新町商店街振興組合は近く、波平さん像に2度目の植毛を行う予定だ。坂口理事長は「波平さんの毛に触ってもいいが、抜くのはやめてほしい。大事な街のシンボル。毛は触るだけにして」と呼びかけている。

マァ〜、つまりは最近何も描かない駄チョー、ブログの掲載穴埋め、開店休業状況お詫びのしるしまで


拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一首 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」 ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
                                                   にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村
[PR]
by ky-shige | 2012-05-26 22:27 | 駄真画報 | Comments(0)

<164> 傑作写真?かも

    寒さが去ると絵画や彫刻の団体展が一斉に満開状態に。
    友人知人たちが招待状を送付して呉れて嬉しいことです。
    ひと際、小生にとって特記すべき作品を勝手ながらパチリとパクってきたのでUPします。
    許可を得ずにブログで披瀝するのは非常識、ルール違反は承知の上のことですが、
    特定の作家とその作品を個人的に身贔屓する駄真画報社々長の非行暴挙に眉をひそめるむきも……
    まったく…耄碌高齢者、うすらボケのすることは…… と、誤愛読者諸賢は優しく許してくださるのです。
f0176500_11545649.jpg
    藤森兼明 = 芸術院会員・日展常務理事・光風会常務理事
    高校大学を通して駄チョーの一年上、卓抜したデッサンなどの名手であった。
    拙いなりに描くことが面白いと思う様になったのは、若かりし頃、彼氏に金魚のフンの如く憑いて回ったからか?
    されど、一向に上手くならなかったと云う事は、確かに天性の違いも無論だが、やはり、根っからのナマクラ者だったからだ。
    最近ますますナマクラ度アップの駄チョー。目の醒める作品を前にして……覚醒せよ!
    絵ブログ界でよく云われているではないか! 上手下手は関係ない。描く事の面白さを思い返せっ!
f0176500_11554680.jpg
    青山三郎 = 日本彫刻会々員・日展会員・ちなみに駄画社々長の姪の連合い
    この度の第42回日彫展にて最高賞の「西望賞」を受賞。
    ☆西望賞は = 故 北村西望 日本彫刻会名誉会長より寄贈された基金により創設され、
            日彫展における全出陳作品の中で、最も優れた作品に授与される。
    との事でした。 ……ますます精進を重ねられん事を祈ります。
f0176500_1157573.jpg
    なんだかんだに刺激され、たまには気合を入れて駄真画報社々長も芸術表現したくなり、
    微笑ましい親子の情愛を…… 公募展に出せば入選するかも……出来過ぎだと己惚れています。
    国立新美術館での光風会展をみての帰路、六本木ミッドタウン前で写す。

    拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句  「ありがたや 座して星霜 よき出会い」
 ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
    にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
[PR]
by ky-shige | 2012-05-08 11:57 | 駄真画報 | Comments(0)

<163> 植田正治讃歌

東京都写真美術館の入口付近に白戸家シリーズの、いや植田正治のたぶん代表作「砂丘シリーズ」の大引伸し写真が掲示されています。
f0176500_23255419.jpg
数年前、親しくしているブログ暗箱夜話http://anbakoyawa.exblog.jp/19971003/の発信者masashiw2さんが、その画面の中の登場人物に駄画社シャチョーを是非とも加えて……と大真面目に写真撮影を敢行されたのでR
「植田正治へのオマージュ写真作成への参加を感謝」との一文をつけて写真データを送付いただいた。
問題はシャチョーの後頭部。円形に輝く部分を巧みに髪を寄せ目立たぬ様にとの行き届いた植田調配慮も頂いたこの写真はときどきモニターに映し出してひとり悦に入っている気に入りの一枚です。
f0176500_23264027.jpg
唯一心残りなのは、きょうびに至りテレビCM白戸家シリーズ「糸電話編」を繰返し視聴していて、アッしまった! と気付かされ、あのとき撮影者の意図を知認し得ていなかった惚けシャチョー、気楽に後ろ手を組んだ崩れたポーズは、何ともはや「キョーツケ」の姿勢を執るべきだった。さすれば、「masashiw2傑作写真群」に列された筈。
「糸電話編」と植田氏の「砂丘シリーズ」の間に何か関連性が在るのか無いのか、知る由もないのだが、植田正治の写真は前衛的で構成主義的な大真面目昭和アバンギャルド的イズム?を横溢させていて、これまた昭和オールドボーイのシャチョー好み。
「糸電話編」の女学生も昭和正調セィラァー服。これまたシャチョー好み。一部には「ちょとスカートが短い」と苦言を呈す御仁もあるやに… 無視無視
経済成長期の広告写真やファッション写真に少なからず影響をあたえ、コマーシャル写真の業界用語に「植田調」なる語もあったほどです。今日の最先端をゆくクリエーター達をも刺激し続けている哉と見受けられる也。
氏が他界されて翌年あたり、銀座数寄屋橋「富士フォトサロン」(2007年閉館)で、お弟子さんたちが先生を偲んでの合同展を開催され、晩年まで後輩の育成に尽力された様子が伺え、こころ暖まる写真展でありました。

〝鳥取のハワイ温泉ブーム〟の火付け役は白戸家以前に、植田正治なのでは?  駄画社シャチョー渾身の考察でした。

ちなみにmasashiw2氏は現役バリバリの装丁家でありグラフィックデザイナーです。氏の先見の明に感服しきりでR

拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句 「ありがたや 座して星霜 よき出会い」
 ポチ→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
    にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

[PR]
by ky-shige | 2012-05-03 13:54 | 駄真画報 | Comments(0)