<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

<221>鋭い金沢の現代美術

同窓の方々5人の活躍ぶりが青山スパイラルガーデンで同時に知る事が出来るとあって、野次馬・紙戯原駄画衛門は出かけてみました。

f0176500_16415568.jpg
鋭い金沢の現代美術界の躍動ぶりが!

東京都内においても屈指の先鋭ぶりを示している青山スパイラルガーデンの広くて洗練された展示スペースと、丁々発止の勝負するかの如く・・・金沢のコンテンポラ リーアート・ギャラリー『ルンパルンパ』のキュレーター絹川大さんが、当地の個性溢れる先鋭部隊を引き連れ押し立てゝの見事に研ぎ澄ました展示展開がなさ れています。

つまり〝展示会場と展示作品群がインパクトある好勝負〟・・・絹川大さんに最大の賛辞を呈します。

16人の作家さんの作品展示の配慮が行届いていて、創作意図もこちらによく伝わる様に工夫を凝らしてあります。

金美OB/OGの * 菊谷達史さん・横野健一さん・田 聡美さん・藤田有紀さん・田中陽子さんの作品も展示されてます。

場所柄、大勢の外国人の鑑賞者にも言葉の伝達なしに理解され満足されている様子でした。

2017.7.258.6まで。文句無し〝カッコイイ〟お勧めです。 重原
f0176500_16402632.jpg

この催しに際し、出展者の一人で知古を得ている菊谷達史さんについて触れてみたくなりました。

菊谷・四井の二人は制作分野は違えど、お互いの作品に共通に表れている肌合い風合いに以前から気ずいて居て、惹かれるものがあったのだろう。これを融合させると、今時にまず誰もが目にしない新しい創作物を世に提示できるのでは・・・これが〝途 方も無くベラボウな表現を〟との岡本太郎賞募集のコンセプトに、ドンピシャに嵌るだろうと、菊谷・四井は狙いを定めての共同作業。お互い見事に息を合わ せ、そこには二人の仲良し・友情・ユーモアなども垣間見え、審査会を和ませ、思いがけない新鮮味との出会いに沸いたであろう状況までも観る側に伝えていた。

尖りまくった太郎賞の展示会場の中で格別の異彩を放っていた訳です。

同窓の二人が・・・と、お祝い気分も手伝って我が〝KANABIあ・そ・び・隊〟の有志十数人と連れ立って観賞に行き、その高度な奇抜さなどについて縷々語り合ってきました。

f0176500_10434875.jpg
f0176500_12114712.jpg
かく言う紙戯原駄画衛門は、平たく云えば商業美術の世界にドップリ浸かって、そのときどきの流行に流され続け、諸々クライアントの要望に添いながら生計の糧を得てきた訳で、つまり、駄画衛門の気の弱さも手伝って強烈に自我を発揮し得ず右往左往の半世紀を過してきた。

業界を離れて、忙しさから解放されたら無性に美術界の動向が、浅いながらも気にするようになってきた。そんな中でも太郎賞以前から気にしていたアーチストの一人が菊谷達史さんである。

最初に菊谷作品から私が受けた感覚は、こん日の日本人万民が好む、ちょっとノスタルジックな大正・昭和初頭の安井曾太郎あたりの、ちょっと懐かしさを漂わせる描法、そんな表現技法を感じさせた一連の作品群です。(東京・木場のギャラリーでの大きな個展で受けた印象)

この描法を現在も駆使し続けています。

「なぜ?きょう日に大正・昭和初期の味を・・・?」それでもって、菊谷自身のきょう日を見詰め、日常茶飯事を自らが好む筆使い(しっかり基礎を踏まえた確かな描写力)で、けれん味なくセッセと画き続けるのである。昭和を懐かしむ気持ちにもさせてくれる。そこが新鮮で面白い。ホンワカ嬉しくさせて呉れるのである。

吾輩は菊谷から正直さに満ちた感性と新鮮さ+テライのない朗らかさ等を受け続けるのである。

・・・つまり、吾輩は長年望敬し続けたものを菊谷の作品にオーバーラップし、安らぐ気分を味わっている訳でR

f0176500_16504763.jpg

横文字に弱い駄画衛門、PC翻訳機能に頼ってみた。

BLOSSOMS FALL LEAVES SCATTER = 晩秋に散る葉〟ンマァー・凡そ・・そんな具合。

こんな機能に頼るまでもなく画面が物語っている。萎れがかった植物を万人好む訳ではないが、健気に生きつづけるものへのやさしい理解を感じさせます。

菊谷がよくモチーフにするこの植物シリーズは、身辺日常事を画くときと別意識を働かせるようだ。丁寧な観察、丁寧な描き込み、力を込めての大型画面大作を可成りやっている様子。何だか分るなぁー。

f0176500_16525119.jpg
仕事場に訪れた素敵な人であろうか !?!
f0176500_16541077.jpg
f0176500_16481237.jpg
     拙ブログをご覧くださる皆様に感謝を込めての一句     ありがたや 座して星霜 よき出会い                                                                             にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by ky-shige | 2017-07-29 16:58 | 駄真画報 | Comments(0)